中原区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の店長で川崎フロンターレに関する様々な企画を展開する 西川 晃石さん 川崎区在住 42歳

熱意で切り開く「全力店長」

 ○…地域と一緒にフロンターレを応援する名物店長。チームの状況に合わせて、ワクワクする企画を次々に展開する。選手のチーム残留には、応援歌のアンパンマンのマーチにちなんであんぱんを売り、マスコット人気投票の際には、ショップ来場者に折り紙でマスコットを作ってもらう企画で投票を後押しした。昨年末には『サポーター大賞』を受賞。「サポーターやお客様の声、支持があってこそ。皆さんに受け入れられて嬉しい。スタッフの励みになる」と笑顔を見せる。

 ○…同店に赴任したのは一昨年11月。目と鼻の先にセブン&アイが運営するグランツリーがあり「同じことをしてもダメ」と地元密着の店作りに舵を切った。街で何度も目にする水色のフラッグ。スタジアムにも足を運び、街とチームの一体感に「フロンターレの応援が地域のためになる」と店内にショップ開設を決意した。会社、チームを説得できず計画は難航したが、何度も交渉を重ね「期間限定」という条件付で昨年3月、開店にこぎつけた。「断られても何百回と交渉した。開店したかったから、熱意が伝わったんだよ」

 ○…出身は愛知県の尾張旭市。夫人と春から高校生になる長男の3人家族。単身赴任中で、愛知に帰れるのは2カ月に1回ほど。そんな中、「長男の進路が決まったから今は一安心」と胸をなでおろす。たまの休みは整体で息抜き。店舗運営や発想のヒントを見つけに他業種のお店を見に行くなど、休日もフル回転だ。

 ○…いよいよ今年もJリーグが開幕。チームの応援にも熱が入る。「目標はフロンターレのタイトル獲得。ショップを中心に応援の輪を川崎全体に広げたい」と意気込む。常に全力の裏には会社員としての複雑な思いがある。「正直、いつ次の店舗に異動するかわからない。そうなっても、変わらずフロンターレを、地域を応援する店であってほしい。だからこそ、全てに全力で取組みたいんです」

中原区版の人物風土記最新6件

浦野 昭志さん

中丸子南緑道緑を守る会で長年、緑道の整備に尽力する

浦野 昭志さん

12月8日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月24日号

伊藤 紅華(こうか)さん

川崎市茶華道協会の理事長として伝統文化の伝承に努める

伊藤 紅華(こうか)さん

11月17日号

齋藤 正夫さん

中原区老人クラブ連合会の会長として、高齢者の地域活動を支える

齋藤 正夫さん

11月10日号

大矢 紀さん

川崎市市民ミュージアムで3日から作品展「大地の輝きを描く」を開催する

大矢 紀さん

11月3日号

内海 陽雪(ようゆき)さん

中原区文化祭を主催する中原文化協会の会長を務める

内海 陽雪(ようゆき)さん

10月27日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク