中原区版 掲載号:2017年6月23日号

クライミング神奈川県大会

今井小5年生 福本くんが頂点に スポーツ

国体へ向け育成強化選手に

金メダルと賞状を手に笑顔の福本くん
金メダルと賞状を手に笑顔の福本くん
 市立今井小学校5年の福本朝陽くん(10)が、先月行われた県山岳連盟主催のクライミング県大会「男子キッズ(14歳以下)・リード」の部門で優勝を決めた。将来の国体候補として育成する強化選手にも選出された。

 リードとは、クライミングの壁に打ち込まれた支点に自らロープを掛けながら岩壁を登っていく競技。体力や筋力だけでなく、手足の掛け場や体勢など戦略面も重要となる。国際基準の高さ15メートルの難しい課題だったが、ミスなく完登を果たした。「嬉しかった。昨年のリベンジを果たせて良かった」。

 最年少で初挑戦した昨年は失格。その悔しさを忘れないために、ゼッケンを部屋の壁に貼り1年間練習を重ねてきた。今回の優勝で、将来の国体候補として育成するジュニア強化選手にも選ばれた。「目標はジュニア五輪の表彰台。でも今はクライミングできることが幸せ」と目を輝かせる。

「成功するまで継続できる子」

 福本くんがクライミングに出会ったのは小学1年の頃。自宅近くにクライミングのジムがオープンし、体験したことがきっかけ。それからは、ジムの定休日を除く週6日通い、今も飽きずに続けている。クライミングジム代表の加藤高士さんは「初めは登るのを怖がっていた普通の子だった。でも、目標を定め成功するまでコツコツと練習を継続できる子は一握り」と称える。そんな息子の姿に両親は、趣味の登山とともにクライミングができる自然の岩がある地を訪れることが週末の楽しみになったという。「普段はシャイな子。でも登れた時はガッツポーズなど感情を出す。本当に好きなんだなって」と母・まさみさん。「大人になったら世界の岩を登ってみたい」。壮大な夢へ一歩一歩、あくなき挑戦は続いていく。

優勝した大会の様子
優勝した大会の様子

関連記事powered by weblio


中原区版のトップニュース最新6件

「母なる川」魅力伝え15年

多摩川エコミュージアム

「母なる川」魅力伝え15年

7月14日号

花と緑コンで大賞

中丸子南緑道緑を守る会

花と緑コンで大賞

7月14日号

川崎 激戦東地区に

プロバスケBリーグ

川崎 激戦東地区に

7月7日号

25年の活動に幕

川崎童謡の会

25年の活動に幕

7月7日号

ヘイト歯止めへ指針案

川崎市

ヘイト歯止めへ指針案

6月30日号

歌謡曲でシニアつなぐ

歌声喫茶5周年

歌謡曲でシニアつなぐ

6月30日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/