神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

市おくやみガイドブック 使いやすく大幅増補 手続きの煩雑さ解消に

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
区の花のイラストをあしらった表紙
区の花のイラストをあしらった表紙

 川崎市は家族の死去に伴う手続きに必要な情報をまとめた「おくやみガイドブック」を4年ぶりに大幅リニューアルし、各区役所に配布した。今後は区役所内に「おくやみコーナー」を開設し、ガイドブックとあわせておくやみ関連の行政サービスを拡充する方針だ。

 高齢化社会に対応するため、市は2020年4月から「おくやみガイドブック」を作成し、各区の担当窓口で配布してきた。これまでは主要な情報のみを8ページのリーフレットにまとめていたが、手続きの煩雑さや手続きに訪れる遺族の高齢化などから、現場で対応にあたる区職員との意見交換会を実施のうえ、60〜70ページに増補した。

 リニューアル版では、故人が会社員か自営業者か、国民健康保険加入者だったか厚生年金加入者か、といった60以上の「各種手続きチェックリスト」を巻頭に掲載。このリストをもとに該当するページを開けば必要な手続きと、問い合わせ先などが具体的に分かる構成になっている。巻末では「銀行口座凍結解除の手続き」など、区役所以外で必要な手続きも一覧表にまとめてある。

 市の担当者は「区役所での様々な手続きをスムーズに進められるよう、可能な限り故人と遺族の状況に対応したものになるよう工夫した」と説明する。

 例えば「世帯主死亡の場合で同一世帯に世帯員が2人以上いる」に該当する場合、「世帯主変更届」の手続きが必要で、世帯主の死去から14日以内に行わなくてはならず、「区民課の住民記録第1係」(幸区の場合)が窓口だと分かる。故人が「犬を飼っていた」場合、死去から30日以内に「犬の登録変更の届出」が必要で、新たな飼い主の居住地に応じて手続きも違うことが分かる。

 市は24年度予算で各区の「おくやみコーナー開設」の費用約3900万円を計上。今後は整備を進め、対応窓口として遺族や関係各課と調整のうえ必要な書類を揃えるなど、新たな運用を始める方針という。市の担当者は「ガイドブックの活用とコーナーの開設でご遺族の負担軽減に努めていきたい」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

犬のおやつで障害者支援

ワンこめプロジェクト

犬のおやつで障害者支援

川崎市獣医師会も協力

5月24日

国の「交流拠点」モデルに

等々力緑地

国の「交流拠点」モデルに

収益性の計画などを評価

5月24日

「バスジャック」想定、初訓練

「バスジャック」想定、初訓練

化学剤への初動措置も

5月17日

新日本学園に支援基金

漫画家・迫稔雄さん

新日本学園に支援基金

「子どもの可能性広がる」

5月17日

防災計画、8年ぶり改訂

武蔵小杉駅周辺

防災計画、8年ぶり改訂

滞留・帰宅困難者対策が主

5月10日

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook