ホーム > 鎌倉版 > ローカルニュース > 平日も開放

鎌倉

子どもの居場所てらハウス

平日も開放

「何をしてもいい」ところ
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 NPO法人鎌倉てらこやによる大船のフリースペース「てらハウス」が今年4月から、平日も開放している。これまで週末や休日に限っていたが、平日の開放を決めた。

 「てらハウス」は、子どもの居場所づくりを目的として2009年に大船、仲通りにある千里ビル3階に開設。小中学生およびその保護者を対象とし、大学生らがスタッフを担う。

 これまでに、大学生と勉強、または昼寝、映画鑑賞、人生ゲームなど、参加者一人ひとりの「やりたいこと」ができる空間を提供してきた。子どもが自発的に企画した動物園ツアーなども。

 同法人事務局の上江洲慎さんは「何をしてもいい。まだ始まったばかりなので、何をするかも自分たちで決めましょう」と参加を呼びかけている。

 てらハウスは、大船を中心に飲食店などを展開する(株)千里より店舗提供を受け開設。各種団体の活動支援を行うNPO法人Are You Happy?Japanからの資金寄付により運営。開設以来、利用者は延べ1074人におよぶ。
 

関連記事

powered by weblio


鎌倉版のローカルニュース最新5件一覧へ

  • 地図から選ぶ
愛犬のための無麻酔歯石除去
<PR>
大切な家族の歯周病・口臭対策に
  • タウンニューススマートフォン版のご案内

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野