鎌倉版 掲載号:2012年6月15日号

子どもの居場所てらハウス

平日も開放

「何をしてもいい」ところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NPO法人鎌倉てらこやによる大船のフリースペース「てらハウス」が今年4月から、平日も開放している。これまで週末や休日に限っていたが、平日の開放を決めた。

 「てらハウス」は、子どもの居場所づくりを目的として2009年に大船、仲通りにある千里ビル3階に開設。小中学生およびその保護者を対象とし、大学生らがスタッフを担う。

 これまでに、大学生と勉強、または昼寝、映画鑑賞、人生ゲームなど、参加者一人ひとりの「やりたいこと」ができる空間を提供してきた。子どもが自発的に企画した動物園ツアーなども。

 同法人事務局の上江洲慎さんは「何をしてもいい。まだ始まったばかりなので、何をするかも自分たちで決めましょう」と参加を呼びかけている。

 てらハウスは、大船を中心に飲食店などを展開する(株)千里より店舗提供を受け開設。各種団体の活動支援を行うNPO法人Are You Happy?Japanからの資金寄付により運営。開設以来、利用者は延べ1074人におよぶ。
 

関連記事powered by weblio


鎌倉版のローカルニュース最新6件

清方が残した明治の風俗

国際環境認証を取得

由比ガ浜海水浴場

国際環境認証を取得

4月22日号

北鎌倉で朗読劇公演

漱石文学の魅力語る

復興支援の映画会

大船RC

復興支援の映画会

4月22日号

大船の歴史たどる講座

5/17家族葬のじっくり相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2016年5月20日号

お問い合わせ先

外部リンク

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

タウンニューススマートフォン版のご案内

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/