鎌倉版 掲載号:2012年6月15日号

子どもの居場所てらハウス

平日も開放

「何をしてもいい」ところ

 NPO法人鎌倉てらこやによる大船のフリースペース「てらハウス」が今年4月から、平日も開放している。これまで週末や休日に限っていたが、平日の開放を決めた。

 「てらハウス」は、子どもの居場所づくりを目的として2009年に大船、仲通りにある千里ビル3階に開設。小中学生およびその保護者を対象とし、大学生らがスタッフを担う。

 これまでに、大学生と勉強、または昼寝、映画鑑賞、人生ゲームなど、参加者一人ひとりの「やりたいこと」ができる空間を提供してきた。子どもが自発的に企画した動物園ツアーなども。

 同法人事務局の上江洲慎さんは「何をしてもいい。まだ始まったばかりなので、何をするかも自分たちで決めましょう」と参加を呼びかけている。

 てらハウスは、大船を中心に飲食店などを展開する(株)千里より店舗提供を受け開設。各種団体の活動支援を行うNPO法人Are You Happy?Japanからの資金寄付により運営。開設以来、利用者は延べ1074人におよぶ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

五輪警備にノウハウ提供

鎌倉ガーディアンズ

五輪警備にノウハウ提供

1月20日号

「鎌倉パズル」を小学校に寄贈

ご当地芸人ねたのおにいさん

「鎌倉パズル」を小学校に寄贈

1月20日号

設立80周年の節目祝う

「明るい社会」絵で訴える

市民ランナーが「走り初め」

ファミサポ支援会員に

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

<PR>

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク