鎌倉版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

春限定ワイン「桜めぐり」登場盆栽の販売も予定

文化

国産ブドウを使い、軽い口当たりに
国産ブドウを使い、軽い口当たりに
 鎌倉小売酒販組合(長嶋幸男代表)が、オリジナルワイン「桜めぐり」を市内22店舗で販売している。720ミリリットルで価格は1280円(税込)。

 梅やゆずなど、季節にあわせてオリジナル飲料を企画・販売している同組合。

 今回の「桜めぐり」は国産のぶどうを使い、天然着色料である赤キャベツ色素を使って桜色を表現した。甘口に仕上げ、誰でも飲みやすい味にしたという。関係者は「お花見といった集まりで、桜を愛でながら多くの人に味わってほしい」と話している。

 また、市内の生花店が3月下旬から「桜の盆栽」を2160円(税込)で販売する。花松(小町)、花重(御成町)、ナカムラ生花(材木座)、モモサワ生花店(小町)、ケンフロリスト(雪ノ下)、小宮生花店(小町)の6店舗で取り扱い予定。

 入荷時期についての問い合わせは各店舗へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク