鎌倉版 掲載号:2017年3月10日号

かつての桜まつり 文化

 かまくら桜の会の会長を務める高柳英麿さんによると、終戦間もない1946年4月、鶴岡八幡宮の池のほとりで初めて「かまくら桜まつり」が開催された。終戦直後の開放的な雰囲気と相まって、「地域住民に春の訪れを素直に喜べる幸せと、未来への希望を与えるイベントだった」そうだ。この行事は約10年続き、その後の観光協会発足につながったという。

 かつてのように「鎌倉全体が桜で盛り上がるように」と様々な活動をしている同会。そのひとつが「鎌倉桜」の普及だ。この桜は、桐ヶ谷(現在の材木座)が原産で、京都御所にも植えられている。高柳さんは「今年はぜひ、市内にどんな桜が植えられているか見ていただければ」と話している。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/