鎌倉版

鎌倉のとっておきの記事一覧

  • 「健康食」ことはじめ

    鎌倉のとっておき〈第30回〉

    「健康食」ことはじめ

     今も昔も私たちの生命の源である「食」。年間2千万人を超える観光客で賑わうここ鎌倉では、古くから市民に愛されている老舗からミシュラン星獲得店まで、それ...(続きを読む)

  • 中世鎌倉の海外交流

    鎌倉のとっておき〈第29回〉

    中世鎌倉の海外交流

     日本中世の海外交流は、主に中国との貿易が中心であった。その事を裏付けるように、市内の発掘調査では中国宋時代の陶磁器や銭が多く出土している。当時の貿易...(続きを読む)

  • 海が育んだ「鎌倉ブランド」

    鎌倉のとっておき〈第28回〉

    海が育んだ「鎌倉ブランド」

     高徳院にその碑を残す明治の偉人・長与専斎が「海水浴場として理想的な海である」と絶賛した鎌倉の海。多い年には100万人を超える海水浴客で賑わうが、同時...(続きを読む)

  • 鎌倉と怨霊

    鎌倉のとっておき〈第27回〉

    鎌倉と怨霊

     鶴岡八幡宮の北西、北鎌倉へ向かう道にある参拝者駐車場の奥を右手に入り、道なり突き当りに新宮(今宮)神社と呼ばれる社殿がひっそりとたたずんでいる。...(続きを読む)

  • 鎌倉の「水」今昔と黄門様

    鎌倉のとっておき〈第26回〉

    鎌倉の「水」今昔と黄門様

     人々の生活に欠くことのできない「水」。現代では蛇口をひねればおいしい「水」をいつでも安心して飲むことができるが、その道のりは、遠く富士山麓や丹沢山塊...(続きを読む)

  • 鎌倉と祇園会

    鎌倉のとっておき〈第25回〉

    鎌倉と祇園会

     2009年、国の重要無形民俗文化財に指定されている京都の祇園祭(古くは祇園会、祇園御霊会と呼ばれた)が、ユネスコ無形文化遺産保護条約「人類の無形文化...(続きを読む)

  • カフェと鎌倉

    鎌倉のとっておき〈第24回〉

    カフェと鎌倉

     鎌倉文士の影響からか、鎌倉にはそれぞれに趣向を凝らした数多くのカフェ(喫茶店)がある。地元の人々はもちろん、鎌倉を訪れる旅行者にも憩いとやすらぎの場...(続きを読む)

  • 室町時代の鎌倉

    鎌倉のとっておき〈第23回〉

    室町時代の鎌倉

     中世の鎌倉は幕府の成立・発展とともにあった。しかし元弘三年(1333年)、新田義貞が鎌倉に攻め入り鎌倉幕府は滅亡。その後、足利尊氏が京都に幕府を開き...(続きを読む)

  • 国宝 金沢文庫

    鎌倉のとっておき〈第22回〉

    国宝 金沢文庫

     中世の鎌倉は現在より広く、北は山ノ内、南は小坪(逗子市)、西は稲村ヶ崎、東は六浦(横浜市金沢区)を四境とした。そして鎌倉の繁栄を貿易港として大いに支...(続きを読む)

  • 谷戸の名前とその歴史

    鎌倉のとっておき〈第21回〉

    谷戸の名前とその歴史

     鎌倉の地形は三方が山に囲まれ、南は相模湾が開けている。その三方の丘陵にはいくつものひだのような谷が入り組んでおり、こうした谷は「谷戸」(やと・やつ)...(続きを読む)

  • 鎌倉の史跡〜問注所〜

    鎌倉のとっておき〈第20回〉

    鎌倉の史跡〜問注所〜

     「問注所」とは鎌倉幕府の訴訟機関で、現在、御成小学校前にその跡の石碑がある(実際にこの場所に問注所があったという事は確かではない。はじめは大倉の源頼...(続きを読む)

  • 1

最近よく読まれている記事

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク