神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2011年5月12日 エリアトップへ

荏子田太陽公園 「バラ」で再生から10年 住民有志の手で咲かせた165株

公開:2011年5月12日

  • LINE
  • hatena
荏子田太陽公園でボランティア活動を行っているメンバー
荏子田太陽公園でボランティア活動を行っているメンバー

 雑草だらけの暗い公園をバラで再生しよう―。こんな思いを胸に、住民有志らがバラ植樹を通じた荏子田太陽公園(荏子田3丁目21番地5)の再生プロジェクトを結成して10年を迎える。「以前はうっそうとしていて、子どもたちも近づけない公園でしたが、バラを通じた交流ができる公園になりました」と日頃、手入れ活動を行っている住民たち。今月22日(日)には、同公園で「第10回太陽ローズフェスティバル」が開催される。

 バラ植樹計画は、バラの栽培方法に詳しい地域住民の赤澤増男さん(72)が「バラを植えて人々が交流できる公園はどうか」と、再生プロジェクトメンバーに提案したことから始まった。 当時のプロジェクトメンバーは「荏子田おやじの会」など約30人。約2カ月かけて雑草除去や土の掘り起こし作業や2トントラックで鉄道の枕木を運び、花壇などを完成させた。

 25株の苗を植えた斜面花壇は現在、地元商店や住民寄付によるバラを含め約165株が咲き誇るまでに。剪定などを行う住民有志ボランティア「Joy of Roses」「太陽ローズボランティア」なども結成され、現在は約50人の住民らがバラの維持を行っている。平成21年には住民が協力し手入れを行っている活動などが評価され「全国花のまちづくりコンクール」団体部門で奨励賞を受賞した。

 ”太陽公園”の名の通り、斜面で日当たりが抜群に良いため、自宅のバラより綺麗に咲くメンバーも多いという。「今後は公園の歩道をバリアフリーにして、皆さんがバラをじっくり観賞できる環境にしたい」とボランティア代表の赤澤さんは話す。5月22日(日)の10時からは、バラ苗販売やカフェなどが楽しめるローズフェスティバルを開催。「多くの地域住民の方に来て欲しい」とメンバーは話す。
 

約10年前の荏子田太陽公園
約10年前の荏子田太陽公園

青葉区版のトップニュース最新6

自作ドラマで全国へ

元石川高校山田さん

自作ドラマで全国へ

ネットリテラシー訴え

7月18日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月18日

初期消火で火災防ぐ

初期消火で火災防ぐ

青葉消防署、区民に感謝状

7月11日

世界広げる教育紹介

柿の木台有澤さん

世界広げる教育紹介

7月に書籍を出版

7月11日

記念切手を販売

区制30周年

記念切手を販売

青葉の魅力伝える

7月4日

子ども食堂で「職」伝え

子ども食堂で「職」伝え

3丁目カフェでスタート

7月4日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook