青葉区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

そろばんに学ぶ人生教訓 全国大会で優勝/市ヶ尾・大関さん

文化

「初めはみんな1+1から。極める楽しさを伝えたい」と大関さん
「初めはみんな1+1から。極める楽しさを伝えたい」と大関さん

 全国からトップレベルの実力者が参加する『全国計算競技大会』。昨年行われた第60回大会で5度目の個人優勝を果たした人がいる。市ヶ尾でそろばん教室を開く大関一成さん(40歳)がその人。「そろばんの魅力とは」―。大関さんを取材した。

 全国計算競技大会は、大阪市立天皇寺商業高校が主催する伝統ある計算大会。乗算や除算はもちろん、年金計算、貨幣の換算など難易度の高い文章問題なども出題され、『大人の大会』とも言われている。

 計算競技の世界は3桁同士の掛け算1題を0・9秒で解く世界。頭で理解するのではなく、反射的に答えを書きこむ。「反復練習の積み重ねで出来ること。一つのことを突き詰めていく姿勢を、そろばんから教わった」と大関さんは言う。

 小学2年生のときに近所のそろばん教室へ通い始めた。「やればやるほど、計算が早く解ける、それが嬉しくて」とのめりこんだ。教室の先生の勧めもあって競技の世界へ。「小学生のときは『絶対無理』と思った問題を、今自分が解いている。”やれば何とかできる”という自信を付けてくれた」と大関さんは話す。

 その体験を伝えていきたいと一昨年にそろばん教室を開校した。「そろばんを通して、緊張感、悔しい気持ち、目標を持って取り組むことを伝えたい」。自分を超える選手を育成することが現在の目標だ。
 

青葉区版のローカルニュース最新6件

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク