青葉区版 掲載号:2012年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

お母さんの原発勉強会 あざみ野ぶんぶんプロジェクト

社会

あざみ野地域の特性を生かしたご当地電力について考える参加者
あざみ野地域の特性を生かしたご当地電力について考える参加者

 東日本大震災による東電福島第一原発の事故を機に、エネルギーの勉強会や映画上映を主催している、あざみ野ぶんぶんプロジェクト。同団体がこれまでの活動をまとめた「お母さん版エネルギー基本計画」の出版記念発表会が先月、アートフォーラムあざみ野で行われた。

 この活動は青葉区で子育て中の主婦や編集者らが中心となり企画。エネルギーや原発、政治の仕組みなどを学ぶ勉強会などをこれまで13回行っている。

 発表会は区内外から26人が参加。これまでの活動報告のほか、『2030年のエネルギー選択肢』のパブリックコメントを実際に書き、『あざみ野地域で作る電力』について参加者が意見を出し合った。参加した1歳10カ月の子どもを持つ母親(あざみ野在住)は「エネルギーについて考えるいい刺激になった。自分のできることをコツコツやっていきたい」と話した。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク