青葉区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

地域の伝承に触れる秋祭 鐵(くろがね)神社、杉山神社

文化

『河童の詫び証文』の紙芝居が披露された
『河童の詫び証文』の紙芝居が披露された
 区内各地域で行われている秋の祭礼。地域に伝わる古典芸能や民話を披露し、地域住民に伝えている。

鐵神社

 鉄(くろがね)町の鐵神社祭礼が行われた10月7日、県無形民俗文化財に指定される鉄古典獅子舞が奉納され、地域住民らが古典芸能を観覧した。

 鉄古典獅子舞は、江戸時代初期、同地域に疫病が流行した際、悪病退散のために伝えられたものとされている。

 現在は、地域住民らで結成する鉄古典獅子保存会(村田成行会長)が2年に1度、鐵神社の秋祭礼で奉納。昨年は東日本大震災により自粛し、3年ぶりのお披露目に、訪れた人らも楽しんだ様子だった。

杉山神社

 下市ヶ尾の杉山神社では10月6日、秋の宵祭りが行われ、地域住民ら300人が祭を楽しんだ。毎年行われるこの祭礼は、出店のほか住民による日本舞踊や三味線が披露される。今年は、地域を知ってもらおうと、下市ヶ尾地域に伝わる民話の紙芝居が行われた。

 紙芝居は、下市ヶ尾町内会長の柏村茂さんが以前制作したものを使用。谷本川に住んでいた河童の騒動を巡る「河童の詫び証文」を中国楽器フルスの音色に乗せて行われた。また、フルスの演奏は柏村さんの知人の中国人留学生、張暁銘さんが担当した。紙芝居に携わった下村正治さんは「地域に伝わる民話を伝えられ、良かった。今後も紹介していきたい」と話した。

披露された鉄古典獅子舞
披露された鉄古典獅子舞

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク