青葉区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区交通事故 死亡件数が県内ワースト 幹線道路が8割

 先月美しが丘で発生した交通死亡事故で、青葉警察署管轄内の死亡事故件数は10件となった。この件数は厚木署の9件を上回り、県ワーストの数字となっている(12月9日現在)。区内の交通死亡事故の8割は、国道246号線など幹線道路で発生。青葉警察署は、事故が発生した交差点の路面標示の塗り替えなど、死亡事故対策に踏み切っている。

 青葉警察署によると、区内の交通死亡事故件数が10件を超すのは1997年以来。事故は国道246号線、県道13号線、環状4号線など、幹線道路で8件発生している。交差点、分岐点での接触、追突事故が主な割合を占める。 

荏田町交差点で2件

 今年2件の死亡事故が発生した国道246号線の荏田町交差点は、いずれも2輪車と4輪車の接触が原因。同交差点は片側2車線で右折専用レーンが設けられていない。右折車を避けようとする車が交差点付近で車線変更を行うため、以前から接触事故が起こりやすい地点だった。

 青葉警察署では、今回の死亡事故を受けて、10月、交差点付近の中央分離帯を後退させ、その分の道路幅を拡張。注意喚起として、右折車線の路面を赤色に塗り替え、看板設置を行った。同署は「幹線道路は速度が出やすく、事故は大きな惨事になりやすい。一呼吸を置いた安全運転を心掛けてほしい」と呼びかける。

2輪車事故6件

 また、今回の死亡事故の中で2輪車の被害は6件。いずれも4輪車との接触が原因だ。青葉警察署によると交通事故の3割が2輪車関係のものだという。同署は「2輪車は身を守る物がない分、大事故になりやすい。2輪車の速度の出し過ぎも事故の要因の一つと考えられる」と分析する。

 荏田町のオートバイ販売店ユーメディア横浜青葉によると、青葉区周辺地域は通勤目的に小型二輪車を購入する人が多いという。同店スタッフの原田浩一さんは「バイクは運転する本人が思っている以上に、速度が出ることもある。身を守るために、できるだけフルフェイスメットの着用やバイク用のエアバッグを備えてほしい」と話した。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク