青葉区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

民話から学ぶ異国文化

文化

 東市ヶ尾小学校(田中由美子校長)で1月16日、下市ヶ尾町内会(柏村茂会長)と連携した国際交流教室が行われ、3年生児童74人が参加した=写真。

 当日は同町内会の地域学校連携部員と韓国人講師・呉喜淑(オウヒシュク)さんが講師を務め、国語の授業で習う韓国の民話「三年とうげ」をテーマに韓国の文化を紹介。児童らは韓国の挨拶や国の位置を学び、同町内会の有志が作成した「三年とうげ」の紙芝居を韓国語で聞くなど、異国の文化に触れた。学年主任の小林洋実教諭は「教科書で物語を学ぶだけではなく、国の文化に触れられるのはとてもいい機会。地域の人の協力は大変ありがたい」と話す。

 この教室は国際理解を深めてもらおうと始まったもの。民話、社会、歴史を題材に全学年で行われている。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク