青葉区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

桐蔭学園 南極とライブ交信 高野教諭が環境授業

社会

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
現地から生徒と対話する高野教諭
現地から生徒と対話する高野教諭

 南極昭和基地と日本を衛星回線で結び、生中継で現地と学校が交信する「南極授業」が2月6、7日の2日間、桐蔭学園(野坂康夫 校長)=鉄町=で行われた。

 地球環境の現状と課題を生徒に考えてもらおうと、同校と情報・システム研究機構国立極地研究所により実現。第55次日本南極地域観測隊・夏隊の派遣教員で、同高校の地学科教諭、高野直(なおし)さん(40)が講師を務めた。7日は高校1、2年生や中等教育学校の生徒、小学部児童ら約1500人が参加。南極で73日目を迎えた高野さんが大画面に登場すると、鵜川メモリアルホールは歓声に包まれた。

 時間は会場の午後3時過ぎに対し、現地では午前9時半頃で気温はマイナス2度と紹介。高野さんは変成岩と呼ばれる岩石の生い立ちや、二酸化炭素の濃度上昇について説明し、「自然を身近に感じながら、付き合い方を勉強していってほしい」と呼びかけた。女子生徒の一人は「南極にも人間が立ち入っているが、汚染されているという話は聞かない。環境汚染について考えなければ」と話していた。さらに現地からは氷が届けられ、紙コップ入りで順次生徒の手に。氷が溶ける独特の音に耳を傾けていた。

 初日は中学校女子部1年生約130人が、太陽の動きの観測を通じて地球の丸さを体感。南極と同校、ガーナ共和国とスウェーデンの学校の4地点をインターネット回線でつなぎ、同時中継で授業が行われた。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

赤い羽根募金始まる

赤い羽根募金始まる 社会

街頭で協力のお願い

10月10日号

「今の地球を知ろう」

「今の地球を知ろう」 社会

有志企画の講演に30人

10月10日号

「静かさ」や「交通の便」を重視

市民意識調査

「静かさ」や「交通の便」を重視 社会

暮らし・住まいで多数が回答

10月10日号

「はっけよい、のこった」

「はっけよい、のこった」 文化

御嶽神社で子ども相撲

10月3日号

「夜回り」で地域見守る

「夜回り」で地域見守る 社会

さつきが丘小おやじの会

10月3日号

暴追協に功労団体表彰

暴追協に功労団体表彰 経済

長年の活動を評価

10月3日号

五穀豊穣祝い神事

五穀豊穣祝い神事 文化

神社庁横浜三支部

10月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

花や緑との対話の大切さ

花や緑との対話の大切さ

樹木医の塚本さんが講演

10月19日~10月19日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 一人になっても反対貫く

    〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

    一人になっても反対貫く

    IRと横浜

    10月10日号

  • 「世界最高水準」を強調

    〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

    「世界最高水準」を強調

    IRと横浜

    10月3日号

  • 国内最大級の統合施設

    〈連載【2】〉 市が描くIR像

    国内最大級の統合施設

    IRと横浜

    9月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク