青葉区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

新横浜公園 確認動植物100種突破 小学校へデジタル版寄贈

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
公園内の植物を紹介する横松さん
公園内の植物を紹介する横松さん

 新横浜公園=港北区=内で生息が確認できた動植物を同園ホームページで紹介する「新横浜公園生き物図鑑」。100種類を突破したことを記念して、区内の小学校にデジタル版CD―Rを寄贈する。担当者は「社会貢献の一環。300を目指し、紹介できる種類を増やしていきたい」と話す。

 7万2千人を収容する日産スタジアムや各種運動広場が併設されている多機能型の同園。鶴見川流域に位置しており、園内には水路も整備されていることから水辺の生物などが生息しやすい環境となっている。

 指定管理者である(公財)横浜市体育協会・新横浜公園管理局の横松広一郎さんは、園内の植栽管理を主に担当しており、2年前から定期的に園内を回り仕事の合間に動植物の写真を撮影し、観察活動を続けてきた。観察を続ける中で、「こんな昆虫や水生生物もいるんだ」と自身でも驚くことが多く、「園内の動植物の写真を入れてホームページで紹介したら、子どもたちも採取した昆虫や見かけた草花の名前を覚えられるし面白いのでは」と考え企画。そこから具現化していった。

 HPが完成したのは昨年4月。当初は30種類の動植物の紹介からスタートした。その後は確認できた動植物を、月1回をめどにサイトにアップし更新を重ねてきた。

 図鑑では、確認した動植物を「昆虫」「花」「鳥」「樹木」「水生生物」と5つの項目で紹介。確認した場所や樹木の見どころなどが説明として添えられている。

 中には珍しいものも確認されており、「光の角度によって虹色に光るチョウトンボは広い水辺や浮草がある環境で生息している。水路で生息しているサクラソウは小机や中山で自生していた野生種。自生地を復活させようという声から近隣小学校の協力を得て株を増やした。4月中旬が見頃なので多くの人に見てほしい」と横松さんは話す。

 ホームページ内の図鑑はこれまで、パソコンでのみ閲覧できる様式だったが、この機会に4月中旬をめどに携帯電話でも見ることができるようにリニューアルされる。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

弦楽四重奏を披露

7月7日

弦楽四重奏を披露 文化

0歳から大人まで

6月17日号

ヘルスメイト受講生募集

ヘルスメイト受講生募集 社会

申し込み23日まで

6月17日号

「育ててくれた横浜に感謝」

DeNA

「育ててくれた横浜に感謝」 スポーツ

石川選手 引退セレモニー

6月17日号

携帯電話回収箱を設置

日体大フィールズも協力

携帯電話回収箱を設置 スポーツ

障害者就労支援にも

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

脱炭素政策の意見を募集

脱炭素政策の意見を募集 政治

自民党がサイト立ち上げ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter