青葉区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

桐蔭高剣道部 男女で県制覇 全国へ 春の選抜 3月27日から

スポーツ

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena
剣道部男子(上)と女子(3年含む)=2月28日
剣道部男子(上)と女子(3年含む)=2月28日

 第24回全国高校剣道選抜大会の神奈川県代表選考会が1月に行われ、鉄町の桐蔭学園が男子と女子の団体で優勝。男女揃って、3月27、28日に愛知県で行われる全国大会に出場する。

 1、2年生24人が所属する男子は、決勝で東海大相模を下し、3年ぶり17回目の優勝。約130校の頂点に立った。93年以降、全国大会の選抜と総体への出場を、昨年初めて春夏両方逃したと話す冨田隆幸監督(51)。「チームの仕上がりは万全ではなかったが、昨年の悔しさが爆発して120%の力が出た」と県選考会を振り返る。昨夏以降、加納誠也主将(2年)ら主力が相次いで故障するなど困難も。左足の甲を疲労骨折し、計約3カ月のブランクを経て復帰した加納選手は「全国優勝という唯一の目標に向け、チーム一丸で戦いたい」と語気を強める。

 「本番で力を発揮するためには、何のための練習かを普段から考えることが大切」と冨田監督。選手の将来を見据え、圧力をかけて相手が仕掛けてきたところを打つ「理合(りあい)」のある剣道を目指し、指導を続ける。

 部員が大会登録メンバー数と同じ7人の女子は、決勝で県立希望ヶ丘に勝ち、3年連続6回目の優勝。県選考会では決勝まで6試合で、1人も負けない安定感を見せた。「個性の融合がカギ。チームの勝利のために何をすべきか、個々が感じて判断する必要がある」と月岡陽輔監督(44)。選抜初優勝に向け、「自分たちの力を結果で証明してみたい」と意気込む。

 木村日向子主将(2年)は「秋以降、一人ひとりとの対話を重視して団結力を高めてきた。心を一つに、全国制覇したい」と語った。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

校舎前で手作り菓子販売

【Web限定記事】クラーク高校 製菓販売ゼミ

校舎前で手作り菓子販売 教育

250個が即完売

7月29日号

願いを込めたキャンドルホルダーを制作

【Web限定記事】認知症の人にやさしい街プロジェクト

願いを込めたキャンドルホルダーを制作 社会

9月の世界アルツハイマー月間に向け

7月29日号

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月23日時点

7月29日号

身元特定に協力

区内3歯科

身元特定に協力 社会

警察から委嘱受け

7月29日号

薬剤師も裏方で奮闘

ワクチン集団接種

薬剤師も裏方で奮闘 社会

円滑な接種を目指して

7月29日号

防災功労者表彰を受賞

防災功労者表彰を受賞 社会

青葉台東急スクエア

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第16回「熱中症対策の水分補給には水道水がおススメです」

    7月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter