青葉区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

支援体制の課題知って 性暴力シンポジウム

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
現状を解説
現状を解説

 性暴力を考えるシンポジウム「かながわのスタート」が2月、男女共同参画センター横浜北で開催された。主催は性暴力対応ネットワークStaRTかながわ(山崎美貴子代表)。性暴力被害者を撮影するプロジェクトを行うフォトジャーナリストの大藪順子さん=人物風土記で紹介=の写真展も同時開催された。

 シンポジストとして大藪さんのほか、性暴力被害に取り組むNPO団体や弁護士、神奈川県職員らが参加。性暴力被害の現状や県での取り組みについて、それぞれの立場から参加者が報告。暴力のない社会を目指し、啓発活動を続ける「エンパワメントかながわ」の池畑博美事務局長は、同団体の小学校での取り組みを紹介。子どもたちが父親や親戚など身近な大人から性暴力を受けている現状を伝えながら、予防教育の大切さを訴えた。「子どもが大人に相談するのはとても勇気がいること。『話してくれてありがとう』と言ってあげてほしい」と話した。

 支援向上のために活動する大藪さんは、支援者同士が連携する「被害者フォーカス」のアメリカのシステムを紹介。「被害者への偏見も、日本ではまだ根強い。被害に遭った後にも生きやすい社会にするためには、一人ひとりのしっかりとした認識が必要」と訴えた。また自身も性暴力被害に遭った経験に触れ「直後から手厚い支援を受けられたので、心の回復も早かった。『被害に遭ったのはあなたのせいじゃない』と伝えてほしい」と、早期支援の大切さを訴えた。

 神奈川県では昨年4月に「かながわ性犯罪・性暴力ホットライン」を開設。24時間365日対応で、女性の専門相談員が秘密厳守で話を聞く。匿名も可能で、相談に乗るほか、ニーズに応じた情報提供や支援機関の紹介なども行う。相談電話番号は【電話】045・210・7379。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

認知症でも住みよいまちに

認知症でも住みよいまちに 社会

あざみ野でアンケート調査

6月24日号

聖火、公道走行中止に

聖火、公道走行中止に スポーツ

セレモニーは実施予定

6月24日号

雫滴り梅雨を彩る

雫滴り梅雨を彩る 社会

すすき野公園のアジサイ

6月24日号

ワクチン接種に向け準備

県歯科医師会

ワクチン接種に向け準備 社会

研修会で注射実技

6月24日号

「難局乗り切る議会運営を」

「難局乗り切る議会運営を」 政治

小島新議長に聞く

6月24日号

横浜に「恩返ししたい」

横浜に「恩返ししたい」 スポーツ

体操 白井健三さんが引退

6月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地域社会づくりを担ってきた学校

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

    地域社会づくりを担ってきた学校

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月24日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

    6月24日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第15回「汗をしっかりかいて、暑い夏を乗り切りましょう♪」

    6月24日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter