青葉区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

田奈高校 「気軽に不安こぼせる場」 就職相談カフェ、毎回80人

教育

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena
会話する生徒ら
会話する生徒ら

 外部団体と協力して独自の就職支援事業を進める県立田奈高校(中野和巳校長)の「ぴっかりカフェ」が、4月10日に今年度初めて開店した。学校とNPO法人パノラマ(石井正宏理事長)が共同運営する就職相談窓口として昨年12月、図書館にオープン。生活困窮世帯など困難を抱える生徒が多く在籍する同校で、就労や家庭の問題など生徒たちのさまざまな悩みを気軽に話せる場を提供している。

 週1回、昼休みと放課後に開かれるカフェには、毎回80人ほどが訪れるという。1人1杯の飲み物とお菓子が無料で提供され、石井さんや学校司書の松田ユリ子さん、学生ボランティアなど「人間関係が親、友人などに限られている生徒にとって、普段話す機会のない人たち」との他愛のない会話を楽しむ。本や雑誌はもちろん、楽器やカメラなども用意し「生活困窮世帯の生徒たちが『文化的なシャワーを浴びれる場』にしたい。自立の動機づけになれば」と石井さんは話す。

教員とも情報共有

 オープンから4カ月、校内での認知度も上がった。生徒たちが進路や家庭のことなど、何気ない不安をこぼす場になっている。毎回、訪れているという男子生徒(3年)は「暇つぶしに来る。自然にバイトや進路の話ができる」と話す。石井さんは「本当に深刻に悩んだときのための関係づくり」と意義を語る。閉店後には、就職支援担当の金沢信之教諭らと、その日の会話の中で気になった点を共有している。「こういった取り組みを青葉区の人たちにも自分事、地域の課題として知ってほしい」と話している。

 カフェの運営費は、ウェブを活用して全国から集まった寄付金で賄われている。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

地元企業がスポンサーに

桐蔭大サッカー部

地元企業がスポンサーに スポーツ

エヌズ・ゲームが支援

4月15日号

ソプラノの歌姫が登場

ソプラノの歌姫が登場 文化

28日にコンサート

4月15日号

布や手芸品のリサイクル

布や手芸品のリサイクル 文化

20日から「めぐる布市」

4月15日号

エッグハントに挑戦

エッグハントに挑戦 社会

教会でイースター

4月15日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

布や手芸品のリサイクル

布や手芸品のリサイクル

20日から「めぐる布市」

4月20日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter