青葉区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

身体の声に耳を傾ける 【8】いわい整形外科ペインクリニック 岩井亮さん

社会

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
仮設住宅の現状を語る岩井さん
仮設住宅の現状を語る岩井さん

 「世間では『被災者の自立』を訴える声も多くなっているが、仮設住宅での暮らしは身体への負担が大きい。まだ支援は必要」―。震災直後から被災地での医療支援に携わる、医師の岩井亮さん(50)は「現地で感じている現状と行政発表や報道との間には大きなギャップがある」と話す。

 2011年5月から3カ月間、被災地で医療支援を行っているNPO法人ジャパンハートの活動に参加し避難所での医療支援に従事した。阪神淡路大震災のときも現場に駆けつけており「とにかく『何かしたい』という気持ちだった」。避難所が解消し一旦は現地での活動を終えたが、阪神で目にした仮設住宅の寒さや狭さ、プライバシーの低さを考え、徐々に「辛い状態だろう」との思いが強まった。ジャパンハートに相談し、紹介された医師を介して宮城県気仙沼市のボランティアコーディネーター、村上充さんと出会った。

 村上さんの調整のもと、12年5月から隔週日曜に3カ所の仮設住宅に通う。土曜の診療後に自家用車で現地に向かい、日曜の深夜に帰宅する生活も、19日の訪問で74回を数える。現地では、気仙沼市医師会の承諾を得て約40人の健康相談や血圧測定などを行う。当初は看護師ら2、3人だったが、現在は全国から歯科医師や整体師らも参加し、幅広い支援を行っている。

 山間部の仮設住宅では独居高齢者が7割を占め、全体の4割は車を持っていない。「もともと医療機関が少ない地域。病院に通うのも難しい」。被災して経済的にも厳しい住民にとって、受診料や交通費も大きな負担。痛みなどを口にはしないが、血圧を測ると高い人が多く、病気が見つかった人もいる。「身体は正直。痛みやストレスは、目に見えないから気づかれない」

 「復興」の言葉が広がる現状に違和感を抱き「『待っていた』という声があるから行く。医療のない不安感を取り除くだけでも意味がある」と話す。終わりは見えないが、「田舎に帰る感覚」で支援を続けていく。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

大型国際会議を横浜で

国際青年会議所

大型国際会議を横浜で 経済

11月3日から パシフィコノース

10月29日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 経済

販促グッズや記念品に

10月29日号

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

小学3年生にハンドブック

10月29日号

弁護士が「いじめ防止授業」

鴨志田中

弁護士が「いじめ防止授業」 教育

オンラインで実施

10月29日号

地域活動の始め方学ぶ

地域活動の始め方学ぶ 社会

区役所で連続講座

10月29日号

アベノマスクを寄付

藤が丘商店会

アベノマスクを寄付 社会

市立保育園で活用へ

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展

服部篤浩さん

10月22日~11月3日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第9回「秋は薄着を始める好機」

    10月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第4回「単焦点レンズと多焦点レンズ、どっちがよいレンズ?」

    10月29日号

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク