青葉区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

防災に生かす、社会経験 県総合防災センターでシニア対象の講座

社会

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市下津古久の県総合防災センターで3月19日(月)と22日(木)、「シニア世代の防災講座」が開催される。中・高生や女性、高齢者など、災害時に”守られる”立場の人を対象とした、同センター初の試みの一環。

 東日本大震災からまもなく丸7年、熊本地震から約2年など、大規模災害以降、関心が高まっている防災への意識。講座は、市民が自分にできることを考えるきっかけに、と初めて企画された。

 同センター防災企画課の西村克己さんは、「高齢者だから、と守られるだけの立場ではない。シニア世代の豊かな社会経験や知恵、地域のネットワークなどは、災害時に役立つはず。それらの共有の場になれば」と語る。

 当日は、災害対応の図上訓練等の講義と、体験フロアでの地震・風水害等体験などが受けられる=写真。

 2月に開催された女性消防団員向けの講座には、20〜60代の63人が参加。複数の非常食を組み合わせておいしく食べる工夫や、身辺を清潔に気持ちよく保つことの大切さなど、女性目線の意見が数多く聞かれたという。

 午後1時〜4時30分で、50歳以上の男女、各日定員50人。参加は無料。筆記用具を持参のこと。住所、氏名、人数、連絡先と希望日を明記し【FAX】046・227・0027か、【電話】046・227・0001(平日午前8時30分〜午後5時)へ申込み。定員に達し次第締切る。
 

青葉区版のローカルニュース最新6

災害備え自転車で巡回

災害備え自転車で巡回 経済

横建協青葉区会

11月26日号

神奈川大会で準優勝

青葉ボーイズ

神奈川大会で準優勝 スポーツ

ベイ杯出場切符を獲得

11月26日号

身近な危険と防災、触れて

身近な危険と防災、触れて 教育

もえぎ野中が校外学習

11月26日号

ひとり親でトークサロン

ひとり親でトークサロン 社会

 28日に青葉台で

11月26日号

コロナ終息願い、千羽鶴

コロナ終息願い、千羽鶴 社会

村田俊太君がプレゼント

11月26日号

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに 文化

コロナに負けず、31回公演

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク