青葉区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

神明社の幟竿一新 氏子会が寄付募り工事

社会

平野会長(右)ほか氏子会役員
平野会長(右)ほか氏子会役員
 牛込神明社=あざみ野=の幟竿(のぼりざお)がこのほど新しくなった。

 元々は約10mある丸太の幟竿で、毎年10月の例大祭時のみ、氏子会(平野富久会長)が人力で立てて幟を掲げていたという。平野会長は会員の高齢化も踏まえ、危険があってはいけないと幟竿の更新を計画。今年に入ってから約50軒の全会員から寄付を募り、アルミ製で高さ約9mの常設幟竿へと変えたという。実際の使用は今年の例大祭からとなる予定だ。

 平野会長は「氏子会の全会員のおかげで幟竿を新しくすることができた。これを機に会員を増やして例大祭などの活動を活発化させていきたい」と喜びを語っていた。

青葉区版のローカルニュース最新6件

本決算ファイナルセール!

8月11日~31日、展示家具最大30%オフなどお買い得品多数

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク