青葉区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

すすき野団地の将来考え マスタープラン作り始動

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 今年で築44年を迎えたすすき野団地の将来を考えようと、横浜市の「マンション・団地再生コーディネート支援事業」を活用した「マスタープランづくり」が同団地でスタートしている。いつかはやって来る団地の最後を想定したうえで、それまでをいかに住みよい団地にするか、今後のまちづくりへの取り組みをプランにしていく、という計画だ。

 プラン作りにあたり、すすき野住宅管理組合は1回目の会議を6月末に実施した。当日は、支援事業によって派遣されたNPO法人横浜プランナーズネットワークがコーディネーターとして参加。団地に住む20人以上がグループに分かれて対話形式で、団地の課題と将来の目標について意見を出し合い、共有した=写真(同組合提供)。参加者からは入居者の高齢化や、若い人を呼び込むにはどうしたらよいか、といった話題が上がっていた。

 マスタープランは、5〜10年ほど先の目標を想定し、2020年度をめどに取りまとめていく予定。今年度は、残り4回の会議を予定し、団地のあるべき将来像のために取り組むべきことや、行動計画などについて話し合いを続けていく。

 同組合の小柴健一理事長は「ネガティブに捉えられがちな団地の高齢化をポジティブに変え、取り組んでいきたい。団地には元気な高齢者も多いので、今後住民同士で助け合える仕組みづくりを考えていければ」と話す。

青葉区版のローカルニュース最新6

「探しています」

【Web限定記事】

「探しています」 社会

黒須さんが行方不明に

7月9日号

自宅で見られる大学講座

自宅で見られる大学講座 教育

青葉6大学連携事業

7月9日号

青葉区 コロナ患者数47人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数47人 社会

市内3番目

7月9日号

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 経済

県が事業者向けに

7月2日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を 社会

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月2日号

青葉区 コロナ患者数46人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数46人 社会

市内3番目

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク