青葉区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

「国マガ」続けて50号 無料で伝える まちの魅力

文化

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena
国マガを並べるメンバーの(左から)大木さん、島村さん、安原さん
国マガを並べるメンバーの(左から)大木さん、島村さん、安原さん

 奈良中学校の卒業生らが立ち上げた、こどもの国駅周辺の超地元密着フリーペーパー、「国(くに)マガ」の記念すべき50号が8月5日に発行された。創刊して5年。地域の活性化にも繋がり、編集長の島村真佐利(まさり)さん(33)は「作っていく過程でまちの魅力が再発見できた」と話している。

 国マガはA3判を四つ折りにしたA5サイズで、両面カラーで地元店舗の紹介やこどもの国周辺のイベント情報のほか、4コマ漫画、コラムなどを掲載している。自費出版で隔月初旬に500部発行し、奈良町地区を中心に青葉台地区の一部など19店舗に棚置きしている。

 編集メンバーは奈良中卒業生のほか、地元住民など計6人。印刷費用などもすべてメンバーで負担しているという。

 創刊は2013年3月で、漫画家・編集者志望のメンバーが「作品発表の場を」と製作を開始。当初は毎月100部発行のモノクロ刷りで、月1回の編集会議などを経て製作してきたが、メンバーの仕事が忙しくなったこともあり、16年5月から隔月発行に。現在は担当コーナーも定着化し、効率的に紙面を作り上げているという。

「なにもないまちはない」

 「新興住宅地としての印象が強く、個性が薄いと思われがちなこのまちにも魅力は必ずある。なにもないまちはないんです」と島村さん。こどもの国駅の屋根崩落(14年)や交番移転(14年)などの時事ネタのほか、こどもの国のショッピングセンターなどを題材に製作してきた。店舗紹介コーナー担当の大木佑斗さん(33)は「店舗さん同士が繋がることもあり、地域の活性化にも役立っているのでは」と説明する。

50号も自然体で

 50号では、感謝の言葉を記した表紙に、奈良在住の詩人で第14回北日本児童文学賞の最優秀賞も獲得した草間小鳥子さんからの「奈良山公園の詩」の寄稿も。一方で島村さんは「それ以外に特別なことはせず、格好をつけないのが国マガです」とあくまで自然体を貫く。

 編集・小説担当の安原真広さん(30)は「自分たちが忘れていた内容も読者の人が覚えてくれていて、モチベーションの1つになっている」と話す。島村さんは「自分たちが楽しんできたからこそ続けてこられた」と語り、「読者から出稿したいという声も聞いている。どんな形でもこれからも続けていければ」。

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook