青葉区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

日本体育大学 学生主体で3位以内狙う 箱根駅伝、意気込み十分

スポーツ

大会に向け意気込む16人のメンバー
大会に向け意気込む16人のメンバー

 日本体育大学(横浜・健志台キャンパス/青葉区鴨志田町)が1月2日、3日の第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に71年連続71回目の出場を果たす。前回大会直後に決めた目標は「三大駅伝3位以内」。チーム一丸となって目標達成を狙う。

 日体大は過去10回の総合優勝の経験があり、前々回は総合7位、前回は総合4位で、3年連続でシード枠から出場する。

 昨年9月に渡邉正昭駅伝監督が解任されて以来、学生主体でのチーム体制となった日体大。後任となる小林史明監督は元々跳躍が専門ということもあり、練習メニューや方針などは学生がミーティングを通して決めてきたという。小林監督は「自分はあくまで裏方。チームのまとまりやモチベーションの保ち方などを伝えてきた」と話す。林田元輝主将(4年)は「元々の練習にプラスする形で改善してきた」と語り、誰がどの区間を走るのかという選考も学生たちが決め、最終的な判断のみ監督などが担うという。

 一方で10月の出雲駅伝は9位、11月の全日本大学駅伝は12位と結果が出せず悩んだこともあった。それでも学生たちの強い希望で目標を変えることなく練習を重ね、小林監督は「12月の合宿で思っていた以上の出来となり、強い自信に繋がった」と手応えを語る。

チームのまとまりに強み

 今年のチームについて小林監督は「選手それぞれが自分で考えることができる」と評し、林田主将は「ミーティングを重ねており、チームにまとまりがある」と説明する。

 当日の試合展開について林田主将は「山が一つのポイント。5区までに1ケタに入れば、あとは日体大の粘り強さで3位を目指せる」と話す。また、出雲・全日本で1区を走った池田耀平選手(2年)の走りが日体大の波を左右するという。池田選手は「手応えはあり、チームの役割を果たしたい」と意気込みを語り、林田主将は「学生主体でやってきたので、16人だけではなく部員全員で戦って結果を出したい」と話す。

 選手の練習と生活の場、青葉区。小林監督は「総合優勝をした際にはパレードで喜んでくれた。皆さんには大変感謝している。応援してもらえれば」と語っていた。

小林史明監督「選手たちを信頼している」
小林史明監督「選手たちを信頼している」
林田元輝主将(4年)「部員全員で戦いたい」
林田元輝主将(4年)「部員全員で戦いたい」
池田耀平選手(2年)「自分の中で手応えがある」
池田耀平選手(2年)「自分の中で手応えがある」

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

衣装まとい稚児行列

オーストリアの名曲歌う

ジョン・健・ヌッツォさん

オーストリアの名曲歌う

4月18日号

林家ひろ木さんの落語会

モンチッチ300体が大集合

人形の家

モンチッチ300体が大集合

4月18日号

減少する商店街 賑わいへの鍵

平成の横浜を振り返る【1】

減少する商店街 賑わいへの鍵

4月11日号

家庭連絡にICT活用へ

市立学校

家庭連絡にICT活用へ

4月11日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古着で作るお花のポット

古着で作るお花のポット

浜美大がワークショップ

4月27日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク