青葉区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

10月から幼児教育・保育が無償化 条件や施設によっては上限も

教育

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
幼児教育・保育の無償化の対象と範囲(横浜市資料より)※無償化にあたり保育の必要性の認定が必要
幼児教育・保育の無償化の対象と範囲(横浜市資料より)※無償化にあたり保育の必要性の認定が必要

 子育て世帯の経済的負担軽減を目的に、2019年10月1日から「幼児教育・保育の無償化」がスタートする。幼稚園や認定こども園、認可保育所等で、3歳から5歳児クラスの全ての子どもの利用料が無償化される。

 ただし、施設から実費として徴収されている通園送迎費や食材料費、行事費などは対象外。0歳〜2歳児については市民税非課税世帯を対象に無償化される。

幼稚園

 幼稚園では、施設型給付幼稚園と認定こども園の教育部分の利用料は一律で完全無償。それ以外の私学助成幼稚園の利用料は園によって異なるので、月額2万5700円を上限に無償化。

 さらに、幼稚園に通っている世帯で共働きなどを理由に「預かり保育」を利用する場合は、一部の園を除き、多くのケースで完全無償となる=次面に関連記事。

保育所、保育施設

 認可保育所等は3歳から5歳児クラスの利用料が完全無償。0歳から2歳児クラスは市民税非課税世帯のみ完全無償化。

 認可外保育施設等では、保育の必要性が認定された3歳から5歳児を対象に、月額3万7000円を上限に利用料が無償化される。同施設には、ベビーシッターを含む届出済認可外保育施設、一時保育、休日一時保育、病児保育、乳幼児一時預かり事業、横浜子育てサポートシステム(送迎のみの利用は除く)、横浜保育室(3〜5歳児)などが含まれる。0歳から2歳までの市民税非課税世帯では月額4万2000円までの利用料が無償化される。

 また、障害児通園施設等は3歳から5歳児クラスの子どもの利用料を無償化。幼稚園や認定こども園、認可保育所等と併用する場合も無償化対象。

 通いたい園がどの施設区分になるかは、横浜市のホームページ「幼稚園・認定こども園一覧 青葉区」などを参考に。また、無償化給付を受けるために事前の申請が必要な場合もあるので確認を。

相談窓口を設置

 横浜市では無償化に関する相談に対応する専用の問合せ窓口を設けている。無償化専用ダイヤル【電話】045・840・6064(開設時間:土日祝日含む8時〜20時※12月28日〜1月3日を除く)。

三浦ブランド認定 大石商店

「白身のトロ」あぶらぼうずを独自配合の味噌や粕で熟成。柔らかな身は絶品

http://www.ooishi-shouten.co.jp/

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

インターの子どもと交流

インターの子どもと交流 教育

藤が丘幼稚園で合同保育

2月20日号

福島を知る写真展

福島を知る写真展 文化

鴨志田町のウチルカで

2月20日号

区内の交通課題考える

区内の交通課題考える 社会

区民会議が公開講座

2月20日号

豆まきで境内活気

豆まきで境内活気 文化

 みたけ台の祥泉院

2月13日号

ノーリードで遊ぼう

ノーリードで遊ぼう 文化

鉄町の青葉ドッグラン

2月13日号

分散・分権型の経済社会を

分散・分権型の経済社会を 政治

江田議員が新春の集い

2月13日号

1187年創建 神鳥前川神社

青葉区・緑区・都筑区の七五三は神鳥(しとど)前川神社へお越しください。

http://www.shitodomaekawa.com/

2020年度の園児を募集!

横浜市認可保育園。キリスト教主義に基づく保育を実施しています

http://www.shalomhoikuen.com/

三浦ブランド認定 湘南食料

弾力、のど越し、香りの良い三浦三崎のところてん。突き、角、珈琲の3種を用意。

https://misakitokoroten.wixsite.com/tokoroten

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク