青葉区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

山内小児童 触れて学ぶ命の大切さ 動物カフェを訪問

教育

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
児童に触れ合い方を教える飯倉さん(右)
児童に触れ合い方を教える飯倉さん(右)

 山内小学校の1年生児童が11月26日、たまプラーザの「アトリエ&カフェ キズナ」(飯倉妃美子代表)を訪れ、生き物との触れ合いから命の大切さを学ぶ体験を生活科の授業の一環で行った。

 同所では、引き取り手がいなかったり、虐待を受けた犬猫を保護し、カフェで飼育しながら譲渡会も行っている。当日は、飯倉代表が児童に犬や猫が保護された経緯を説明。人間の身勝手で捨てられた話に「かわいそう」「ちゃんと飼わなきゃダメ」といった声があがった。

 そして、触れ合い方を学んだ児童たちはグループに分かれてカフェブースに移動。まず手の匂いを嗅がせて安心させてから犬や猫に触れ、「かわいいね」「こっち来てくれた」と笑顔。また、同所ではトカゲなどの爬虫類やハリネズミも飼育していて、「本でしか見たことのないイグアナに初めて触った」と男子児童が興奮気味に話していた。

 今回初めて小学校からの見学を受け入れたという飯倉さん。「みんな話をしっかり聞いてくれた。『ここに来る前は野良猫は怖いって感じてたけど、こんなにキレイでかわいくなるなんて』と感想を話してくれた児童もいた。今日の経験が命の大切さを学ぶきっかけになれば」と話した。

ハリネズミとの触れ合いも
ハリネズミとの触れ合いも

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook