青葉区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

NPO法人エキープ 障害者就労の価値高める 地域も協力し事業所新設

社会

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

 桜台で障害者の就労継続支援B型事業所の4月開所に向け準備を進めている夫婦がいる。福祉と全く別の仕事をしてきたが、知的障害のある息子との生活がきっかけで一念発起。福祉の経験を積み、地域の支えも受けながら、全国で月収平均約1万6千円といわれる福祉作業所利用者の働き方改革をめざす。

 準備を進めているのはNPO法人エキープの藤岡住世さんと早苗さん=写真。桜台の閑静な住宅街の一軒家を借り受け、1階にはカフェ、2階に作業所を設ける。カフェでは早苗さんが経験を活かして本格的なメニューを提供。利用者も調理補助や接客などに参加し、就労経験を積むことができる。2階ではアパレル業界で長年勤めてきた住世さんの繋がりから服飾関係の仕事を請ける。「ビジネスとして成り立たせ、ちゃんとした工賃を払えるような仕組みにしていきたい」と住世さんは意気込みを語る。

低月収の現状変えたい

 藤岡さん夫婦が事業所運営を志したのは6年前。自閉症児と家族を追ったドキュメンタリー映画への出演依頼を受け、「自閉症を公表するようで悩んだが、私たちの経験が同じように悩む家族の役に立つなら」と決断。自ら上映会を青葉区内で行ったり、保護者向けの障害者就労勉強会を開くなど「カミングアウトした立場として、積極的に情報発信する役割を担わなければ」と動き出した。

 そして、障害児を育てる中で大きかったのが就労の問題。雇用契約を結ばないB型事業所では全国平均の月収が1万6千円前後という現状に、「国が変わらないなら、自分たちで新しい形を作らなければ」と決意。3年まえに早期退職し、福祉の資格などを取得。「価値ある仕事を企業と契約し、しっかりした対価を受け取れる内容の受注」を進めている。

 事業所の名称は「桜台メゾン」。場所探しには大家や地域の協力もあり、最高の環境が整った。現在は4月の開所に向け、行政に申請が進んでいる。詳細は「エキープカフェ」で検索を。

青葉区版のトップニュース最新6

健康、子育て、防災に注力

2020年度青葉区予算案

健康、子育て、防災に注力 経済

自主企画事業に1億円

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

子育て支援に横の広がり

青葉区

子育て支援に横の広がり 社会

つながりフォーラム開催

1月30日号

作業所の魅力向上めざす

アオバリ

作業所の魅力向上めざす 社会

地域住民と集会を初開催

1月30日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語と講談の競演

落語と講談の競演

3月15日 山内地区センター

3月15日~3月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク