青葉区版 掲載号:2020年4月30日号 エリアトップへ

あおば支援学校が開校 式典で校章、披露

教育

掲載号:2020年4月30日号

  • LINE
  • hatena
6日に行われた式典=同校提供
6日に行われた式典=同校提供

 今春開校した県立あおば支援学校(横澤孝泰校長=人物風土記で紹介)の開校式と小中学部転入学式、高等部入学式が4月6日に行われた。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて現在休校、予定していた小中学部新1年生の入学式は延期となっているが、感染防止策の下で実施された6日の開校式では、県教育委員会の特別支援教育課長が開校を宣言。29校目の県立特別支援学校としてスタートを切った。

 式典で「あおば支援学校の歴史は今日ここから始まります」とあいさつした横澤校長。開校にあたり「一人ひとりの思いを大切に受け止め形にしていきたい」と語った。

 初年度は小学部42人、中学部19人、高等部24人が同校で学ぶ。

募集案から校章デザイン

 式典では同校の校章も披露。みたけ台小・中、鉄小など近隣小中学校や高校、特別支援学校、住民からデザインの元となる図案を募集し、集まった案を参考に横浜美術大学4年生の新田一生(いっせい)さんがデザインを手掛けた。

 新田さんは美術・デザイン学科のビジュアルコミュニケーションデザインコース。集まった203案から「大小の葉からさまざまな考えを持っている生徒たちの意」「人はそれぞれ違うが皆が一つになると綺麗になる」という多種多様な児童生徒を表す案に着目。「成長と同じように葉が大きくなる」という成長に関する案、「この学校で羽ばたきたい」という学校を通じた社会貢献を表す案も受け、学校理念「思いを紡ぐ 優しいあおば」のもと、制作を進めた。

 葉をさまざまなサイズ・形で構成することで多種多様な個性や考えを持つ児童生徒を表現。中心から外側へ大きくなる葉は成長と社会へ羽ばたく様子を表している。親しみやすい形にし、色使いで葉の成長や賑やかな学校を表すなど工夫した。「学生でありながら貴重な経験をさせて頂き感謝。若葉から青葉へ成長するように学校を通じ生徒たちが成長し、人々の幸せや地域の幸せに繋がっていくことを願っています」と新田さん。

同校の校章=同
同校の校章=同
校章をデザインした新田さん
校章をデザインした新田さん

青葉区版のローカルニュース最新6

ベルマークを市立小へ

区内郵便局

ベルマークを市立小へ 社会

約1万3千点を寄付

5月19日号

初心者向けZoom(ズーム)講座

初心者向けZoom(ズーム)講座 社会

スマホでチャレンジ

5月19日号

ギターコンサート

ギターコンサート 文化

青葉台で6月1、2日

5月19日号

「ロシア軍は撤退を」

「ロシア軍は撤退を」 社会

3年ぶりに平和行進

5月19日号

前座試合の出場者募集

日体大SMG

前座試合の出場者募集 スポーツ

6月18日、女子児童対象

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook