青葉区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

住民の連携で猫、発見  荏田西のシロちゃん

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
介護する池上さんと「シロちゃん」
介護する池上さんと「シロちゃん」

 荏田西の一角で地域住民らに親しまれていた猫の「シロちゃん」。7月8日ごろから姿を消し、行方不明だったが、地域住民らの連携で保護され、約2週間後に元いた地域に戻ってきた。

 猫は民家で飼われていたとみられ、また避妊手術も済んでいるが、普段から外にいたため、近所に住む池上さんの自宅や別の民家に現れて餌を食べていくなど、居住ブロック内を行き来しており、地域のアイドルとして親しまれていた。しかし7月に入り、これまで通っていた民家に姿を見せなくなり、近隣住民から心配の声が上がっていたという。

 その後、飼い主とみられる住民が諸事情で不在に。池上さんは「シロちゃんを探しています」とのチラシを作成し、近隣住民と捜索。その直後、チラシを見た住民からの連絡で、猫は動物愛護センターにいることが判明。猫は別のブロック内にあるマンションでうずくまって震えていたところを発見され、管理人や保健所を通じて動物愛護センターで保護されたのだった。

 地域に猫が戻り、「たった8枚だけ作ったチラシで見つかったなんて、奇跡。地域の連携で見つかったことも嬉しいし、シロちゃんが無事だったことも嬉しい」と、池上さん。ほかの住民から安堵の声もあったという。

 もともと捨て猫や野良猫などを預かる、保護猫ボランティアの活動を行っている池上さん。猫は姿を見せない間に腎不全になっており介護が必要な状態に。現在、猫を預かりながら介護を続ける。「シロちゃんは具合が悪くても一生懸命毛づくろいしたり、食べ物を食べようとしたりしているので元気になると思う」と話す。

猫の「シロちゃん」
猫の「シロちゃん」

青葉区版のローカルニュース最新6

仏映画『幸福』を上映

仏映画『幸福』を上映 文化

青葉台で16日

5月7日号

行政コーナーが開所

あざみ野駅

行政コーナーが開所 社会

エトモあざみ野内に

5月7日号

環境活動で地域との絆を

環境活動で地域との絆を 経済

日舗建設株式会社

5月7日号

初のCF(クラウドファンディング)に挑戦

国学院大学蹴球部

初のCF(クラウドファンディング)に挑戦 スポーツ

選手たちの強化費に

5月7日号

Zoom会議やってみよう

Zoom会議やってみよう 社会

区民活動支援センター

5月7日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 社会

地元飲食店と協力し発行

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter