青葉区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

青葉消防署 熱中症の予防、呼びかけ 救急搬送体制にも影響

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 猛暑日が続き、青葉区内で熱中症の患者数が増加しており、8月は21日時点で重症を含む計41人が救急搬送されている。熱中症の増加により他の急病や事故などの救急搬送に影響が出かねないことから、青葉消防署は、「熱中症の予防が、救える命を守ることにつながる」と対策を呼びかけている。

マスク原因も

 熱中症は気温や湿度の高さなどから立ちくらみや頭痛、重症になると意識不明、けいれん、高体温等の症状があり、亡くなるケースもある。同署によると今年は梅雨が長引いたことで、市内の熱中症の累計搬送者数は23日同日比で昨年を88人下回っているが、猛暑日が続いた8月中旬以降、日別では昨年を上回る状況が続いている。また、市内の熱中症搬送者のうち、約3割にあたる276人がマスク着用が原因とみられる熱中症となっており、今後も注意が必要だ(同日時点)。

 一方、救急隊は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、現場に到着後、受け入れ可能な搬送先の病院が見つかるまでの時間がかかるようになったほか、出動時の装備も強化しているなど、1件の救急搬送に従来以上の時間がかかっており、1日の出動可能件数が少なくなっているのが実情だ。

 特に熱中症の場合、発熱や倦怠感など新型コロナウイルスの初期症状と似ている点もある。発熱がある場合は熱中症や新型コロナウイルスの疑いに関わらず、救急隊員は専用マスクとゴーグルを付けるなど対策レベルを一段階上げざるを得ず、さらに時間がかかる要因にもなっているという。

 市内の救急隊は77隊で、現場に1番近い救急隊が出動するのが原則。しかし、現状は出動要請が集中すると遠方の救急隊が出動しなければならず、搬送まで時間がかかる場合もあるという。

必要時はすぐ119番

 同署の救急担当の山田隆男課長は「熱中症で意識がなかったり、けいれん、高体温などの場合は、躊躇なく119番を」とした上で、「熱中症は防げる病気」ということを踏まえ、時間が勝負となる搬送要請に応えるためにも予防の自助努力の必要性を語る。

 同署によると「今年はマスクで口元が潤い、喉の渇きを感じにくいため、こまめな水分補給が重要。特に高齢者はマスクの有無に関わらず喉の渇きを感じにくくなっているため、意識的に水分を補給してほしい」とし、就寝時もエアコンを付けることを推奨する。

 また「子どもがマスクを着け続ける姿も見られる。幼児は体温調節機能が弱く呼吸で体温を下げているため、マスクは大人以上にリスクが上がる。外すタイミングなど大人が注意深く見守って」と説明している。

 加えて、同署は救急要請にはまれに通院を目的としたものなども見られることから、救急車の適正利用についても呼び掛けている。

青葉区版のトップニュース最新6

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter