青葉区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

区内在住草間さん 新人賞で詩集を出版 地域での日常、散りばめて

文化

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする草間さん
著書を手にする草間さん

 青葉区奈良在住の詩人、草間小鳥子さん(33)が詩集『あの日、水の森で』(土曜美術社出版販売)を10月25日に出版する。草間さんは2018年に「詩と思想」新人賞を受賞。その副賞として今回商業出版に至った。

 「待っても待っても戻らないひとがいるとき

あなたは気づくだろう

旅に出たのではなく

みな帰っていったのだ」

 『あの日、水の森で』「あなたの知らないふるさとが」より一部抜粋

     ◇

 詩集は「失くしたもの、会えなくなった人に森を通ってもう一度会いに行く」ことがテーマ。どこか切なさがありつつも「希望を感じる」詩になっている。そのほとんどが書き下ろしで、受賞作「耳畑」を含む28編の詩がまとめられている。新人賞の受賞決定以降、約2年間で創作した。

 「耳畑」は、子どもが3歳の時に執筆した詩。生まれつき小耳症だった息子の治療法として医師から、子ども本人の肋軟骨で耳を再建できる方法を告げられた時の気持ちを残しておきたいと綴ったものだ。

 「それまで耳を作れるなんて知らなくて。耳はあくまで聞くための手段で、多様な人がいるのが当たり前。かわいそうとか、社会はこうと、思い込むのは危険なんじゃないか。いろんな人がいることを想像したいと思った」と振り返る。

 詩は、医療を民話のように記した斬新な語り口などが評価され受賞、今回の出版に。詩集のジャンルでの商業出版は非常に狭き門とされることから「本を出してもらえ嬉しい」と笑顔を見せる。

「人に残る詩」目指して

 草間さんが詩を書き始めたのは7年ほど前。当時、会社勤めをしていたが、過労でうつ病に。長い文章も読むことができず「これなら」と手に取ったのが、金子みすゞの詩集だった。その後、自身で書いてみようと創作し入選したのが詩人としての活動の始まりだ。

 自分に響く詩と出合い、助けられた経験があるという草間さんは今も「詩は自分の機嫌を取る方法のひとつ」と話す。

 20年以上青葉区で暮らし、奈良山公園なども創作の場のひとつ。「区内で生活し、育児する中で詩が生まれた」と話すように、地域で感じ取ったインスピレーションが詩に散りばめられている。「具体的な地名は出てこないが、イメージを抽象化することで読む人に届いたら」と語る。「母が児童文学作家で、大人になっても覚えているような作品に憧れていた。読んだ人に一筋の言葉が残り、その人の経験となって思い出すと『元気がでるもの』『大丈夫と信じられるもの』になれば」と願いを込める。

 区内ではブックファースト青葉台店、有隣堂たまプラーザテラス店で販売されるほか、オンラインでも購入できる。ハードカバーで2千円税別。

青葉区版のトップニュース最新6

3年ぶり神奈川制覇

桐蔭学園サッカー部

3年ぶり神奈川制覇 スポーツ

県代表で選手権へ

12月3日号

「見守りシール」普及進まず

認知症高齢者等

「見守りシール」普及進まず 社会

活用事例は2年で27件

12月3日号

地元の大人が“手洗い講座”

荏子田小学校

地元の大人が“手洗い講座” 社会

児童との交流楽しむ

11月26日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

認知症治療の中核に

横浜総合病院

認知症治療の中核に 社会

支援体制の充実に期待

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

放課後の居場所、地域に

区内NPO法人

放課後の居場所、地域に

小中学生対象 区内施設で

11月27日~12月18日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク