青葉区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

市防犯功労者 2人・2団体を表彰 松澤さんが特別功労者に

社会

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
受賞者各位(上)と特別功労者に選ばれた松澤さん
受賞者各位(上)と特別功労者に選ばれた松澤さん

 地域防犯活動において功績等のあった個人・団体を横浜市防犯協会連合会が表彰する「防犯功労者」が発表され、青葉区からは2人・2団体が12月15日に表彰された。

 例年は市内被表彰者が一堂に会し式典を実施していたが、今年は新型コロナの影響で各区防犯協会ごとに表彰式を実施。

 青葉区では、市連合会において役員在任15年となったことから同副会長の松澤孝郎さんが「防犯特別功労者」として林文子市長からの感謝状を受け取った。このほか青葉防犯協会と青葉警察署の推薦を受け、宿自治会の溝口由美子さんが防犯功労者、みずほ銀行青葉台支店が優良団体、中里北部連合町内会が地域安全活動指定地区として表彰状を受け取った。

 地域全体の防犯啓発活動を長年続け、青葉防犯協会の会長も務める松澤さんは「活動を続けてこられたのも、ひとえに皆さんのおかげ」と感謝を語った。

 溝口さんは荏田の宿自治会で防犯担当理事として14年間活動。子どもたちの見守りなど、防犯パトロールを続けてきた。「今後も続けていきたい」と溝口さん。

 みずほ銀行青葉台支店は、今年8月に行内で特殊詐欺被害を阻止。各所と連携して詐欺撲滅の啓発や、防犯活動に取り組む姿勢が評価された。小沢史郎支店長は「銀行として地域の役に立てる事は詐欺の防止。困っている人に声を掛けるなど被害が起きないようにしていきたい」と語った。

 中里北部連合町内会は2018年度に不審者や窃盗の発生が多かったことから昨年度「地域安全活動指定地区」となり、重点的に防犯活動を実施。日頃のパトロールに加え、同連合と日本体育大学が協働でパトロールに取り組むなどし、刑法犯が前年比で約4割減少する成果を上げた。同連合の奥田妙子会長は「現在はコロナの影響で少数での活動だが、続けていくことに意味がある」と意義を語った。

一般社団法人横浜市青葉区医師会

2月19日 市民公開講演会「新型コロナウイルス感染症 最新の治療法」

http://www.yokohama-aobaku-med.com/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

認知症支援、ラジオ糸口に

認知症支援、ラジオ糸口に 社会

コロナ禍でのPRに繋げ

1月20日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

1月20日号

ICTでコロナ禍対応

小澤区長インタビュー

ICTでコロナ禍対応 政治

情報発信や事業に活用

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    1月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook