青葉区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

山内小 旭山動物園にリモート遠足 音楽との融合も

コミュニティ教育

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市立山内小学校の5年生が2月25日、北海道の旭山動物園とオンラインでつなぎ、総合学習の時間を使ってリモート遠足を行った=写真。

 当日は同園の坂東元園長がキリンやカバ、ペンギン、アザラシ、トラなどの飼育エリアを開園前に巡り、生態を丁寧に解説。質問コーナーも設けられ、児童は活発に質問していた。終了後、児童からは「画面越しだったけれど(新型コロナで)動物園に行けない中で、いつものように楽しめた」「分かりやすく説明してもらえてよかった」などの感想があった。

 一方、坂東園長は通常の遠足だと、大人数に説明することは難しいと話し、「オンラインだからできる有効な方法」と振り返った。また、この機会を通じて動物に関心、興味を高めてほしいとし、「コロナ終息後に身近な動物園に行ってもらえれば」と思いを語っていた。

 同小の佐藤正淳校長はオンラインでの学びに「時間や空間の壁をなくすことができる」と評価。教員側のノウハウ蓄積につながったほか、「子どもたちが遠隔でのやり取りを当たり前のこととして考え、アイデアを持てるようになる」と授業を振り返っていた。

ハマのJACKが企画

 今回の取組を企画したのは、NHK交響楽団のバイオリニストであり、クラシック音楽の普及活動を続けている特定非営利活動法人「ハマのJACK」の理事長を務める三又治彦さん。

 自身も同小に子どもが通う保護者でもあり、コロナ禍で動物園に行けない子どもたちの学びの機会になればと、元々繋がりはなかった同園と交渉して協力を取り付けたという。

 同園からは動物の様子を撮影した映像の提供も受けており、そのイメージを元に作曲も。三又さんほかN響有志メンバーで演奏も収録済で、児童に描いてもらった動物の絵と組み合わせて今後、動画を制作するという。

 「動物を見て感じたことを子どもたちは絵で、自分たちは演奏で表現する。その違いも学んでもらえたら」と三又さん。動画は3月中旬に完成予定で、訪問演奏も考えているという。
 

妙蓮寺墓苑 一般墓地・樹木葬

一般墓地107.8万円~ 樹木葬1区画33万円~ ☎0120・514・194

http://www.514194.co.jp

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

市ケ尾町公園をきれいに

市ケ尾町公園をきれいに 文化

花ボランティアが活動中

4月22日号

「とまれ」表示を設置

「とまれ」表示を設置 教育

 荏田西小・正門前に

4月22日号

ふわふわ海の生き物展示

区内ボラが制作

ふわふわ海の生き物展示 社会

柿の木台郵便局で

4月22日号

東北支援のコンサート

あざみRC

東北支援のコンサート 文化

フィリアホールで12日

4月22日号

ホームで連勝、3位に

【Web限定記事】

ホームで連勝、3位に スポーツ

日体大フィールズ横浜

4月22日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 社会

市が補助金公募開始

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和らぎギターコンサート

和らぎギターコンサート

読者10人を無料招待

5月9日~5月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 子どもの学びとウェルビーイング

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

    子どもの学びとウェルビーイング

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    4月22日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

    4月22日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

    4月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter