青葉区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

横浜市立小中学校 コロナ禍で端末活用加速 一律での実施に課題も

教育

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
授業と家庭学習をライブ配信でつなぐ桜岡小学校
授業と家庭学習をライブ配信でつなぐ桜岡小学校

 緊急事態宣言の発令・延長に伴い、横浜市立小中学校では現在、1つの学級を2班に分ける隔日(分散)登校が行われている。この状況を受け市は、児童生徒に貸与しているパソコンなどの端末を家庭学習に活用しようと初めて自宅に持ち帰らせている。コロナ禍の「学びの保障」が進む一方で、各学校の実情で一律の実施が困難な側面も見られている。

 この取り組みは9月1日からの分散登校と同時に開始。校内で貸与されていた端末を自宅に持ち帰らせ、授業ライブ配信などに活用している。

 前段階として市は各家庭の通信環境を問うアンケートを行い、端末配布後の4月・5月には84%の接続を確認した。これを踏まえ、通信環境がなく就学援助を受ける家庭にはモバイルルーターを用意。設備環境を整え今回の試みを実施した。

 一方で、端末の活用は不慣れな教諭や家庭の経済状況により、一律には実施しづらい面がある。小学生の保護者からは「端末を持ち帰っても家で使っていない学校もある。ICT(情報通信技術)環境などで教育に差が生じているのでは」との声も上がる。これに対し、市は「ICT支援員が各学校を巡回し教諭を支援する対策を取っている」としている。

保護者の理解が不可欠

 そんな中、先駆的に取り組む学校もある。桜岡小学校=港南区=では昨年度から教諭間で端末の独自研修を実施。今回の分散登校では授業をライブ配信し、家庭学習の児童にも質問して双方向でのやり取りを行う。後藤俊哉校長は「家にいても皆とつながる安心感を感じてほしい」と話す。

 また、桂台中学校=栄区=では教諭が3人1組となり、登校生徒も家庭学習の生徒もライブ配信を使い学年ごとに同時に授業を展開している。馬場理人校長は「端末活用だけでは受け身な授業になる可能性があるので、今後は放課後に対面での補習を行うなどフォロー体制を整える」と語る。

 市教育委員会は「通信費がかかるのでご家庭の理解が不可欠。今回の試みが保護者の理解を得る一歩になれば。今後も大規模な臨時休校の場合は今回同様家庭への持ち帰りを検討する」と話す。

青葉区版のトップニュース最新6

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月30日号

障害者の店舗利用を応援

あおばエール

障害者の店舗利用を応援 社会

HPでサポート内容を公開

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook