青葉区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

県転倒予防医学研究会 市認定のNPO法人に 高齢者の健康維持に尽力

社会

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
認定を喜ぶ同法人理事ら
認定を喜ぶ同法人理事ら

 高齢者の健康維持を目的に転倒予防運動を広めている「NPO法人神奈川県転倒予防医学研究会」(朝香好平理事長/美しが丘)が10月4日、横浜市から事業内容などが認められ認定NPO法人となった。朝香理事長は「活動が認められて嬉しい。今後も更に運動の普及に努めていきたい」と力強く語った。

 認定NPO法人制度は、NPO法人への寄附を促すため、寄附金控除など税制上の措置を設けて活動を支援するもの。所轄庁(今回は横浜市)が認定を行うもので、法人の運営組織や事業活動が適正か、公益の増進に貢献しているかなどの基準で審査され、その活動を認めたことになる。横浜市内では現在、65法人が認定を取得している。

 神奈川県転倒予防医学研究会は2013年に設立。高齢者が要介護や寝たきりになる原因として転倒による骨折が多いことから、同会ではストレッチやバランス運動による「転倒予防運動」の実施や指導員の育成を図ってきた。たまプラーザ地域ケアプラザなどで年間100回近く教室を開催してきたほか、コロナ禍ではネットを活用したライブ配信なども行ってきた。

 認定を受け、朝香理事長=写真左から2番目=は「認定を受けられたことは私たちの活動が評価されたということなので大変嬉しい」と喜びを語り、「高齢者が転倒せず健やかで心豊かに暮らせるよう、今後も運動の普及を進め、青葉区内だけでなく横浜、神奈川にも活動を広げられるようにしていきたい」と意気込みを語った。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook