神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2022年4月7日 エリアトップへ

区内児童有志 プラごみゼロへ 団体発足 ストロー廃止、市へ要望

コミュニティ教育

公開:2022年4月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
(上)ストロー廃止を要望したメンバーら=31日、市役所/早渕川での清掃活動=同団体提供
(上)ストロー廃止を要望したメンバーら=31日、市役所/早渕川での清掃活動=同団体提供

 青葉区在住の児童らを中心とした、環境問題について考える団体「マイクロプラスチック・0(ゼロ)・コミュニティ Welc0me(ウェルカム)」が3月に立ち上がった。早渕川の清掃活動や学校給食におけるストロー廃止の要望、勉強会などを実施。継続的な活動でマイクロプラスチックの削減を目指す。

 海に流れ着いたプラスチックごみは波や砂、紫外線などで細かな片(マイクロプラスチック)になって漂流。魚が誤飲するなど生態系に悪影響を及ぼしている。

 身近にできることからと、3月27日の早渕川での清掃を皮切りに活動を始めた同団体。31日には、代表を務める鉄小学校の笹井涼さん(11)と副代表で元石川小の高橋桃寧(もね)さん(11)のほか、区内在住の片山悠希さん(11)、区外に住む田村のどかさん(11)、西田(さいた)諒一さん(10)が市役所を訪問。山中竹春市長ら宛に「学校給食のストロー廃止のお願い」を提出した。市立の小中学校で廃止した場合に年間約3587万本を削減できるという試算結果や他市の事例をまとめ、「2050年には海中のプラスチックが魚の量を超えると言われている。毎日使っているストローから減らしたい」と訴えた。

きっかけは声優体験

 団体発足のきっかけは、環境汚染の解決に向けて行動するアメリカの小学生を追ったドキュメンタリー映画「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」。オーディションを経て日本語吹き替えに挑戦した笹井さんは昨年末の完成上映会で、同じく声優を務めた田村さんと西田さんに出会った。

 「環境問題を知ってはいたけど、自分一人が取り組んでも意味がないと思っていた。でも、映画を通して行動したいと思った」と笹井さん。2人と意気投合し活動を模索。2月には、黒岩祐治県知事に使い捨てプラスチックの廃止などを求める手紙を連名で出した。

「年齢問わず歓迎」

 同映画のアンバサダーを務めている高橋さんも活動に加わるようになり、団体を立ち上げた。団体名は「年齢を問わず多くの人に参加してほしい」という思いを込め「ウェルカム」に。表記には「ウィー(We) ラブ(L)  クリーン(C) ゼロ(0) マイクロプラスチック(M) エミッション(E)」の頭文字を充てた。

 「活動を始めて私自身や家族の意識も変わった」と高橋さん。加入間もない片山さんは「勉強会に参加して何となくやってきた分別の必要性が分かった」と話した。

 今後は、河川清掃の定期化や学校での映画上映などを目指す。

青葉区版のトップニュース最新6

初期消火で火災防ぐ

初期消火で火災防ぐ

青葉消防署、区民に感謝状

7月11日

世界広げる教育紹介

柿の木台有澤さん

世界広げる教育紹介

7月に書籍を出版

7月11日

記念切手を販売

区制30周年

記念切手を販売

青葉の魅力伝える

7月4日

子ども食堂で「職」伝え

子ども食堂で「職」伝え

3丁目カフェでスタート

7月4日

「だれもがどれも選べる」

男女共同参画週間

「だれもがどれも選べる」

新堀館長に聞く

6月27日

「誰でも通園」を試行

横浜市

「誰でも通園」を試行

独自に「定期利用」を条件

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook