神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2023年11月9日 エリアトップへ

区民まつり フル開催に3万8千人 飲食解禁で笑顔あふれる

コミュニティ社会

公開:2023年11月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 秋晴れとなった11月3日、「青葉区民まつり」が区総合庁舎周辺で開催され、約3万8000人(主催者発表)が訪れた。コロナ禍を経て4年ぶりに飲食を含むフル開催。会場内では笑顔の家族連れが多く見られた。

 第1駐車場と第2駐車場には模擬店や体験コーナーがずらりと並び、賑わった=写真。また、第2駐車場や青葉公会堂、区役所1階では子どもや団体による演奏などの発表も行われ、カメラを片手に見守る保護者の姿も多かった。一方、青葉スポーツセンターでは体力測定やボッチャなどの体験も行われたほか、「健康フェスティバル」も同時開催され、健康相談や骨密度測定、さまざまな展示が行われていた。

消防団ソング披露

 新しく作られた青葉消防団の広報ソング「はたらく消防団」が区民まつりで初披露された。第2駐車場の特設ステージに区内の消防団員で結成したウクレレグループ「団レレ」が礼式動作とともに登場。ウクレレやタンバリンの演奏に合わせて、作詞を担当した団員の真栄田美葉さんが伸びやかな歌声を響かせた。観客には歌詞も配布され、一緒に歌う姿も見られた。

「ひろ街」初開催

 また、区民広場を拠点に日本たばこ産業株式会社(JT)が初めて行ったのが「ひろえば街が好きになる運動」。まつりの来場者にごみ袋とトングを渡し、周辺のごみを拾ってもらう試みだ。当日は親子連れなどが次々とブースを訪れ、拾い集めたごみを笑顔で担当者に手渡していた。

 区民まつり運営委員会の山川英子委員長は「4年ぶりにフル開催ができ、家族連れ、特に小さい子どもたちが多く、喜んでもらえて良かった。また、公会堂などでは子どもたちが練習の成果を発揮し、思い出作りにもなったのでは」と振り返っていた。

ステージで広報ソングを披露する消防団
ステージで広報ソングを披露する消防団
子どもたちも大勢参加した
子どもたちも大勢参加した
山中市長と区民まつり主催者ら
山中市長と区民まつり主催者ら
田奈小の鼓笛隊
田奈小の鼓笛隊
青葉区商店街連合会による抽選会
青葉区商店街連合会による抽選会
鉄小のソーラン節
鉄小のソーラン節

青葉区版のトップニュース最新6

自作ドラマで全国へ

元石川高校山田さん

自作ドラマで全国へ

ネットリテラシー訴え

7月18日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月18日

初期消火で火災防ぐ

初期消火で火災防ぐ

青葉消防署、区民に感謝状

7月11日

世界広げる教育紹介

柿の木台有澤さん

世界広げる教育紹介

7月に書籍を出版

7月11日

記念切手を販売

区制30周年

記念切手を販売

青葉の魅力伝える

7月4日

子ども食堂で「職」伝え

子ども食堂で「職」伝え

3丁目カフェでスタート

7月4日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook