神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年2月22日 エリアトップへ

山内小6年3組 自作神輿(みこし)で「わっしょい」 地域と企業の協力で完成

社会

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
「わっしょい、わっしょい」と自作の神輿を担ぐ児童と参加者
「わっしょい、わっしょい」と自作の神輿を担ぐ児童と参加者

 山内小学校6年3組の児童が授業で日本の伝統文化継承を目的に神輿を自作。2月10日に東急(株)が運営する「ネクサスチャレンジパーク早野」(川崎市麻生区早野1150の2)で完成させ、担ぐイベントを開催した。

 ネクサスチャレンジパーク早野は、郊外で生活者が起点となって取り組む「新たなまちづくり構想」の拠点。地域住民や企業、学校、行政が世代を問わずつながり、ワークショップなど様々なアイデアを実行することができる施設となっている。今回の神輿を担ぐイベントは、月1回、住民が企画主催する同施設の「チャレンジデー」というイベントに一人の児童が参加したことが発端。「自分も何かに挑戦したい」とクラスに提案したという。

 同小の6年生は総合的な学習の時間で日本の伝統文化についてクラスごとにテーマを決め、学んでいる。そこで3組の児童たちは、コロナ禍で中止が続いていた「祭り」をテーマにすることに。「そういえば、神輿を担いだことないよね」との声が上がり、「わっしょいプロジェクト」と題し、自分たちで神輿を作って担ぐ取り組みに昨年5月から挑戦した。

 児童たちは祭りや神輿について学習しながら、どのようなデザインの神輿を作るか熟考。段ボールで神輿を製作しようとした矢先、同施設の建設、区内でもまちづくりプロジェクトに取り組む桃山建設(株)(世田谷区)の川岸憲一さんが「子どもたちのためならば」と木材を提供し、児童と共に神輿本体を製作するなど全面的に協力した。

オリジナルが完成

 オリジナル神輿は伝統技法を用いて「山内」と彫刻した駒札を屋根上に掲げ、屋根には糸鋸を器用に使い削った校章、3枚の壁面には鳥居を設置した。内部には糸で作った同小のシンボルキャラクター「ケヤリーフ」を祀るなどこだわりを詰め込んだ神輿が完成した。

 10日のチャレンジデーで「来場者も楽しんでほしい」と最終的な飾り付けと神輿担ぎも地域住民と一緒に行った。同日のイベント出演者だった桐蔭学園和太鼓部もお囃子の演奏で協力。「わっしょい、わっしょい」と掛け声を上げながら自作神輿を担ぎ、笑顔で練り歩いた児童たち。次は文化の継承として「この神輿を(学校行事の)山内まつりで使ってほしい」と話していた。担任の田上優希教諭は「地域や企業の協力で実現した。児童たちは貴重な経験ができた」と感謝を示した。

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「世界で活躍」誓う

國學院大學平林清澄選手

「世界で活躍」誓う

大阪マラソン優勝祝賀会

4月11日

全員、目指すは「プロ」

桐蔭横浜大サッカー部

全員、目指すは「プロ」

初の新入生入部記者会見

4月11日

再整備に向け前進

藤が丘駅前地区

再整備に向け前進

基本計画まとまる

4月4日

公園すべて禁煙へ

横浜市

公園すべて禁煙へ

条例改正目指し、来春から

4月4日

プレゼン大会で最高賞

柿の木台在住高橋春帆さん

プレゼン大会で最高賞

昨年から顕著な活躍続く

3月28日

住宅の脱炭素化へ本腰

横浜市

住宅の脱炭素化へ本腰

補助や新制度で普及後押し

3月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook