緑区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

市民団体「FlatVillage」の代表を務める 阿久津 真美さん 十日市場町在住 47歳

「手話はフラット(対等)な言語」

 ○…3年前、市民団体「FlatVillage(フラットビレッジ)」を立ち上げ、新治里山公園内の「つどいの家」で、手話と編み物を楽しむ場づくりに取り組む。手話通訳として働く中で、ろう者と聴者が自然なかたちで交流できる機会の必要性を感じていた。趣味として自身が幼い頃に夢中になった“編み物”をきっかけに、自然な交流が生まれる空間を生み出したいという。「編み物は、編み方を教え合ううちに自然と会話が生まれる。外国語に触れるのと同じように、手話が誰かを助けてあげるためのものではなく、ひとつの言語として捉えられる空気を作れたら」と目を輝かせる。

 ○…東京都出身。ハンドボールに汗を流した高校時代。高校3年の夏にサマーキャンプで米国へ。乗馬やカヌーなど、様々な活動を通じて現地の人と関わった。「英語でコミュニケーションをすることの難しさを思い知った」と振り返る。この経験が転機となり、英語の専門学校へ進学。その後、さらに英語を学びたいと単身で米国へと渡った。そこで、出会ったのが「アメリカ手話」。流れるような手話の動きに魅了され、米国で学ぶことを決意。帰国後、ろう者を助けるための手話という日本の認識に強いギャップを感じた。「弱者のように扱われるろう者。本来、ろう者も聴者も対等な関係であるはず」。自ら立ち上げた市民団体の名前に「フラット(対等)」という単語を入れたのも、そんな思いからだ。

 ○…4人家族。空手やシンクロナイズドスイミングを習う子どもに帯同し、休日も忙しい。今でも、米国にいた頃やろう者の友人など、自宅にも様々な人が来るという。「自然と子どもも接し方を学んでいる。色んな人と触れ合って、自分の人生を歩んでほしい」と優しい母親の顔を見せた。

緑区版の人物風土記最新6件

横内 博子さん

横浜市幼稚園協会緑支部支部長を務める

横内 博子さん

9月20日号

植木 武裕さん

「みどり・歌の会」の代表を務める

植木 武裕さん

9月13日号

伏見 ひろ子さん

書道を教えるボランティアを10年以上続けている

伏見 ひろ子さん

9月6日号

小林 和久さん

9月に行われる中途障がい者運動会「ミドリンパーク」の実行委員長を務める

小林 和久さん

8月30日号

鈴木 智夫さん

「横浜市アマチュア無線非常通信協力会」の会長を務める

鈴木 智夫さん

8月23日号

山田 彩実さん

19日にみどりアートパークでピアノリサイタルを行う

山田 彩実さん

8月9日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク