戸塚区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

「おいしい菓子」で就労支援 スマイルガーデンが開所

社会

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
試作に励むスタッフ
試作に励むスタッフ

 菓子の製造・販売を通し、知的障害者の就労機会を作る就労継続支援B型事業所(※)「スマイルガーデン」が11月1日、上矢部町に開所した。著名なパティシエや絵本作家とコラボし「おいしくて、買いたくなる菓子づくり」を目指す。12月上旬から販売開始予定。

 11月中旬、同所の厨房では、数人のスタッフがクッキーやマドレーヌの試作に励んでいた。

 レシピは、埼玉県内で菓子店を営む横田秀夫シェフが考案。試作した菓子を横田シェフに食べてもらい、認めて貰えないと、店頭に並べることができない。

 同所のスタッフで社会福祉士の星野圭美さん(29)は「スタッフは、障害のあるなしに関わらず、横田さんにゴーサインを貰えるよう、協力しながら取り組んでいます」と話す。

質の高い菓子を

 スマイルガーデンは開所にあたり、株式会社テミルが企画した「テミルプロジェクト」に参加した。

 福祉施設で販売される菓子が「障害者が作ったから買ってもらうもの」ではなく、「質の高さを評価されるもの」に変えていこうというのが、同プロジェクトの目指すビジョン。著名なパティシエの指導のもと菓子作りを行い、絵本作家のデザインでパッケージをつくることで、「買いたくなる菓子づくり」を目指す。

 スマイルガーデンでは、横田シェフとともに、絵本作家のありま三(み)なこさんがコラボする。ありまさんによるイラストは菓子のパッケージのほか、内装などにも使われる。

やりがいづくりにも

 就労継続支援B型事業所は、雇用契約を結ばないため、就労者のペースにあわせた支援をすることができる。一方で給与が全国平均で月に1万数千円と、低いことが課題となっている。

 「質の高い菓子を多くの人に買って貰えれば、生まれた利益をお給料として還元できる」と星野さん。菓子が人気になることは、就労者のやりがいにもつながるという。

 今後は地域の交流スペースになるような場所を目指す。同所を運営する株式会社スマイルワンの星野斉代表取締役(55)は「街にある様々なお菓子屋さんと同じように、街に受け入れてもらえれば」と話す。

 ※就労継続支援B型事業所…通所による就労や生産活動の機会を提供し、一般就労に向けた支援も行う。雇用契約を結ぶ「A型」に対し、雇用契約を結ばず、最低賃金の規定もない。

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

「感染症対策 徹底を」

吉泉戸塚区長

「感染症対策 徹底を」 社会

にぎわい創出にも注力

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook