港南区・栄区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

港南区工業会の新会長に就任した 稲村 直之さん 上永谷町在住 55歳

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena

強い信念で会の発展を

 ○…工業の地位向上と地域社会の発展を目的とする港南区工業会。だが、工業が少ない港南区においては様々な異業種が集まり、地域経営者団体としての側面も強い。行政や地域への関わりも多く、活動も多様な同会の舵取りを5月から担うことになった。17年にわたって会長を務めた笠原節夫氏からの後継打診に「頷くしかなかった」と笑う。

 ○…会員数は100社を超えながらもまとまりがあり、雰囲気の良さには自信がある同会。その理由の1つが、ゴルフなど会員同士で趣味を楽しむコミュニティー部の存在だ。孤独でもある経営者だからこそ、同じ立場での仲間づくりは意義も大きく、会の活性化に役立っている。一方、若手会員の増強には常に取り組む。現会員の後継者を取り込みながら、「仕事も含めてメリットがきちんとある会にしたい」と意欲を見せる。

 ○…ドアや障子などの木造建具や店舗用什器の製造販売を行う(有)稲村建具の2代目。仕事をこなす親の背中を見て育ち、中学生で仕事を手伝い、当たり前のように家業を継いだ。既製品ではなく、オーダーメードで作り上げる木工のプロフェッショナル。自分で形あるものを作れるのが魅力だ。経営者として走り続けながら、横浜青年経営者会の会長を歴任。消防団歴も25年以上になる。多忙な日々に身体の不調も見て見ぬふりをしていたが、先日3週間にわたって入院した。そこで支えてくれたのは3代目となる息子。「今まで『自分がいなきゃダメ』って考えていたけど、勘違いだったね」と顔をほころばせる。

 ○…世代交代の意味を込めて笠原前会長から渡されたバトン。「身が引き締まる思い」と話しつつ、その意味をゆっくり考えたいと語る。「元々、自分は補助をする方で、会長には向いていない。今まで自然の流れで生きてきたから」と笑うが、「これからは『意志あれば道あり』の強い信念で頑張らなきゃね」。新しいリーダーシップに期待がかかる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

保土ケ谷区在住 57歳

12月12日号

椿 義治さん

永谷地区センター「オータムブラスフェスティバル」にゲスト出演した

椿 義治さん

飯島町在住 35歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

村山 節男さん

いたち川(天神橋〜新橋)水辺愛護会の代表を務める

村山 節男さん

小菅ケ谷在住 71歳

11月14日号

三村 紀子さん

国際交流ハーティ港南台の会長を務める

三村 紀子さん

栄区在住 79歳

11月7日号

村山 英彦さん

9月5日付けで港南警察署長に着任した

村山 英彦さん

港南区在勤 59歳

10月31日号

鑓溝(やりみぞ) 裕也さん

9月5日付で神奈川県警察学校長に着任した

鑓溝(やりみぞ) 裕也さん

栄区在勤 58歳

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク