神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2022年5月26日 エリアトップへ

書道教室「群遊會」を主宰し、このほど10回目の書展を開く 神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子) 港南台在住 68歳

公開:2022年5月26日

  • LINE
  • hatena

好きな字を好きなように

 ○…港南台を中心に各施設で書道教室の講師を務め、老人福祉センター蓬莱荘では「木遊会」、港南台地区センターでは「自遊会」として活動を続ける。それら5教室を合わせて「群遊會」。60代から90代まで約30人の生徒を抱え、年上の生徒が多い中、「『10回は書展を開くから』。それを合言葉に皆さんを激励してきた」。コロナで2年ぶりとなったが、一つの節目に胸をなでおろす。

 ○…会の名前にもある「遊」の文字には、遊び心をもって書道に親しんでほしいとの思いが込められている。「今から師範になって書道教室を開く?それより、好きな字を好きに書き、好きな額に入れて飾ればいい」。楽しくをモットーにしながら指導に嘘はない。

 ○…愛知県出身。小学生の頃に姉とともに書道に打ち込んだ。「姉は美人で優等生で、劣等感じゃなく自慢だった」。結婚を機に横浜に移り、2人の子どもが生まれたのち、自宅で書道教室を開いた。生徒たちに「賞をとらせてあげたい」との思いで、自身がそうだったように厳格な指導で実績を重ねた。当時と違い、今の教室では大きく方針が変わっている。「お手本がなくても、自分で書を楽しめる方法を見つけてほしい。上手下手なんてなくて評価も関係ない。自分の好きな文字を追求したらいいの」

 ○…県立横浜栄高校の創立の際に校名板を手がけたほか、2016年には神奈川県美術展で念願の大賞を受賞した。「一番欲しかった賞。だからもうあとは、好きなものを好きに書こうって。やりたいことはたくさんあって、命が足りないくらい」。現在は「奥の細道」を題材にして筆を運んでいる。「5年後くらいの書展までに完成出来るかな」。書と向き合うその旅路は、終わりなく続いていく。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

五十川(いかがわ) 文悟さん

第20回関東グランド古希軟式野球大会で投手として最優秀選手賞に選ばれた

五十川(いかがわ) 文悟さん

港北区篠原台町在住 75歳

6月13日

武馬(ぶま) 雅憲さん

港南区シルバークラブ連合会長に就任した

武馬(ぶま) 雅憲さん

下永谷在住 77歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月30日

鈴木 祐次さん

港南消防団長に就任した

鈴木 祐次さん

港南区東永谷在住 63歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区在住 57歳

5月16日

山口 治彦さん

港南消防署長に就任した

山口 治彦さん

港南区在勤 59歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook