港南区・栄区版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

書道教室「群遊會」を主宰し、このほど10回目の書展を開く 神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子) 港南台在住 68歳

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena

好きな字を好きなように

 ○…港南台を中心に各施設で書道教室の講師を務め、老人福祉センター蓬莱荘では「木遊会」、港南台地区センターでは「自遊会」として活動を続ける。それら5教室を合わせて「群遊會」。60代から90代まで約30人の生徒を抱え、年上の生徒が多い中、「『10回は書展を開くから』。それを合言葉に皆さんを激励してきた」。コロナで2年ぶりとなったが、一つの節目に胸をなでおろす。

 ○…会の名前にもある「遊」の文字には、遊び心をもって書道に親しんでほしいとの思いが込められている。「今から師範になって書道教室を開く?それより、好きな字を好きに書き、好きな額に入れて飾ればいい」。楽しくをモットーにしながら指導に嘘はない。

 ○…愛知県出身。小学生の頃に姉とともに書道に打ち込んだ。「姉は美人で優等生で、劣等感じゃなく自慢だった」。結婚を機に横浜に移り、2人の子どもが生まれたのち、自宅で書道教室を開いた。生徒たちに「賞をとらせてあげたい」との思いで、自身がそうだったように厳格な指導で実績を重ねた。当時と違い、今の教室では大きく方針が変わっている。「お手本がなくても、自分で書を楽しめる方法を見つけてほしい。上手下手なんてなくて評価も関係ない。自分の好きな文字を追求したらいいの」

 ○…県立横浜栄高校の創立の際に校名板を手がけたほか、2016年には神奈川県美術展で念願の大賞を受賞した。「一番欲しかった賞。だからもうあとは、好きなものを好きに書こうって。やりたいことはたくさんあって、命が足りないくらい」。現在は「奥の細道」を題材にして筆を運んでいる。「5年後くらいの書展までに完成出来るかな」。書と向き合うその旅路は、終わりなく続いていく。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

矢島 康弘さん

令和4年度花き春季持寄品評会で最優秀の横浜市長賞に選ばれた

矢島 康弘さん

栄区田谷町在住 58歳

6月23日号

高岡 俊之さん

神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

6月9日号

加藤 まゆみさん

港南台ジュニアバレーボールクラブの監督として県大会優勝を果たした

加藤 まゆみさん

港南台在住

6月2日号

神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子)

書道教室「群遊會」を主宰し、このほど10回目の書展を開く

神山 紅雲さん(本名:神山 嘉代子)

港南台在住 68歳

5月26日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook