中原区版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

楽しいトランポリン教室 中田大輔選手が魅力伝える

 子どもたちにトランポリンの魅力を伝える「楽しいトランポリン教室」が9日、市立宮内小学校(南舘明秀校長)で開かれ、全校生徒832人が元全日本チャンピオン中田大輔選手(J─POWER所属)らの指導を受けた。

 同教室は、来月8、9日にとどろきアリーナで開催される2011FIGトランポリンワールドカップシリーズ川崎大会を記念して市と市体育協会が企画。競技の普及、振興を目的に市のホームタウンスポーツ推進パートナーである中田選手と、プロの川西隆由樹選手が講師を務めた。

 児童たちは、手を使って真っすぐに跳ぶ”ストレートジャンプ”や、跳ぶ間に手をたたく連続技に挑戦。中田選手らからアドバイスを受け、元気いっぱいに跳び上がった。「プロのアスリートが指導してくれるのはとても嬉しいこと。これからもお願いしたい」と南舘校長。中休みには両選手が全校児童を前に、2回転宙返りや宙返りをしながらの着替えなどのパフォーマンスを披露すると、大きな歓声が沸いた。

 中田選手は「子どもたちはこれからの時代を担う大切な宝。一生懸命やることの楽しさや重要さに気づいてほしかった」と児童との触れ合いを楽しんだ。
 

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク