中原区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

プロバスケBリーグ 川崎 あす頂上決戦 A東京下し、栃木と激突

スポーツ

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 プロバスケットボール「Bリーグ」中地区の川崎ブレイブサンダースはあす5月27日、日本人初のNBAプレーヤー・田臥勇太選手(36)擁する栃木ブレックスと初代王者を懸け、チャンピオンシップ決勝を戦う。

 リーグ誕生の昨年9月以降、今季60試合を終え、1部3地区の上位8チームによるトーナメント形式のプレーオフ「チャンピオンシップ」が、今月13日に開幕。全18チーム中、今季勝率1位でプレーオフに進んだ川崎は、準々決勝でサンロッカーズ渋谷を2連勝で下して準決勝へ。本拠地とどろきアリーナに宿敵のアルバルク東京を迎え、19日は一時リードを許すも84―76で競り勝った。

 激しい接戦になった20日の第2戦は、77―78で惜敗。1勝1敗となり、前後半5分ずつの特別ルールで同日行われた第3戦は、劣勢から残り3分で逆転した川崎が攻守で流れをつかみ、26―18で試合終了。4600人を超す大観衆の前で激戦を制し、決勝進出を決めた。

 第1戦で3点シュート3本を含む、チーム最多の23得点を挙げた篠山竜青主将(28)は「チームとしては出だしで固くなってミスが続いたが、最後まで集中してプレーできた」と強調。決勝に向け、「一発勝負なのでいい準備をして、いい環境でやれることを楽しみたい」と意気込みを語った。

 とどろきアリーナでの試合を振り返り、「(Bリーグ誕生前の)NBL時代と比べて、会場の雰囲気が変わってお客さんも増えたので、本当にありがたい。川崎市民やファンの皆さんに愛されるチームになるように、全体で成長していけたら」と充実感をにじませた。

 決勝は1戦決着方式。国立代々木競技場第一体育館で午後3時10分試合開始。

中原区版のローカルニュース最新6

小学生が手術体験

井田病院

小学生が手術体験 教育

キッズセミナーに28人

2月21日号

新年会賀詞交歓会

図書3100冊を寄贈

藤嶋理事長の財団

図書3100冊を寄贈 教育

科学教育の普及めざし

2月21日号

「等々力プール」 復活へ歩み

「等々力プール」 復活へ歩み 政治

委員会、全会一致で採択

2月21日号

高齢者向け施設の種類

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

川崎市、惜しくも2位

かながわ駅伝

川崎市、惜しくも2位 スポーツ

橘高から3選手活躍

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク