中原区版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

大空に凧、悠々と 河川敷に子ども540人

文化

入賞した凧を持つ宮本乃愛さん(左)と山邊里奈さん
入賞した凧を持つ宮本乃愛さん(左)と山邊里奈さん
 38年続く恒例行事「新春凧揚げ大会」が1月6日、多摩川緑地の宮内地区で行われた=写真。主催したのは川崎市公園緑地協会。毎年、子どもたちの夢と希望を託した凧をあげ、健康に育ってほしいという願いを込め、中原区子ども会連合会(小笠原茂春会長)と協力して開催している。

 当日は曇天・強風の寒空の下、各地区の子ども会からおよそ540人の子どもたちが駆け付け、洋凧を揚げながら元気に河川敷を駆け回った。

 少年野球のユニフォームのまま参加した佐々木優太君(10)は「糸が絡まって難しいけど、どれだけ高く揚げられるかに挑戦するのが楽しい」と話していた。

 また、事前に子どもたちが絵付けをした角凧の品評会も開催。340作品の中から優秀作品50点を選び、表彰式をもって大会を締めくくった。

 小笠原会長は「天気がいまいちだったが、親御さん含めて700人ほどの方々が参加してくれた。このような広い場所で凧揚げできる機会もなかなか減ってしまっている。今後も、地域の伝統行事として続けていきたい」と話していた。

中原区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク