中原区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

(PR)

生コンに「もったいない精神」を  宮松エスオーシー

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
「こんじゃりコン」のプラント(左)と地域に無料提供している砂利(右上)やブロック(右下)
「こんじゃりコン」のプラント(左)と地域に無料提供している砂利(右上)やブロック(右下)

 生コンクリートの製造販売を手掛ける同社は、環境意識が創業から高く、SDGsが設定される前から多くのエコ活動に取り組んできた。

 2012年に社内に「環境開発事業部」を立上げ、6つの再利用プロジェクトに取り組んだ。その集大成ともいえるのが同社の製品「こんじゃりコン」だ。低CO2かわさきブランド16大賞にも選ばれた同品の特徴は、品質は変わらないまま余った生コンを再利用できること。これまで捨てるしかなかった余剰生コンのリサイクルを可能にした画期的な商品だ。

 また、強度実験の廃棄ブロックやリサイクル砂利・砂を地域に無償提供したりと、さまざまなエコに取り組んでいる。

 「事業の根底には、創業者の”もったいない精神”が生きている。利益を得る以上、限りある資源を大切に使う使命がある」と話すのは川崎工場の神本英喜工場長。

 現在取り組んでいるのは、ミキサー車ドラム内を洗浄するときに出る水の比較的きれいな「上澄みの水」の再利用だ。石灰を含むこの水は、二酸化炭素と反応させれば簡単に炭酸カルシウムを生成できる。「炭カルは肥料や飼料など幅広く利用できる。新規事業にもなりうると考えている」と意気込みを見せる。同社では現在、二酸化炭素を排ガスとして提供してくれる事業者を探している。

※横に表示されている数字のアイコンは、SDGsの17の目標のうち、同企業の取り組みに該当する項目を一部掲載したものです
※横に表示されている数字のアイコンは、SDGsの17の目標のうち、同企業の取り組みに該当する項目を一部掲載したものです

後藤歯科医院

相模原市中央区淵野辺3-21-11

TEL:042-752-1213

https://www.gotosika.com

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter