町田版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

ボランティアコーディネーターとして絵手紙ギャラリーウォークを企画した 関根 美咲さん 金井町在住 

プラス思考で人の和広げる

 ○…「子どもたちには、たくさんの経験をして、様ざまな角度から物事を捉えて欲しい」。3年前から町田市立金井中学校でボランティアコーディネーター(VC)として活動する。「地域の方々のパワーと経験が子どもたちの身近なものになれば」と商店会と協力して子どもたちや地域住民が描いた絵手紙ギャラリーウォークの企画や、様ざまな職業の人の話を聞く授業など、子ども・学校・地域を結ぶ役割を果たしている。

 ○…愛媛・松山出身。3妹弟の長女で、小さい頃から正義感が強くリーダー格。「いじめっ子から体を張って友だちを守ったりした」ほど。「人の世話がしたい、喜んでいる顔を見るのが好き」な子どもだったという。「みんないっぱいハッピーになればいいのにな。自分が明るく振る舞い、プラスのパワーをみんなにあげたい」と思う子どもだった。21歳の時に上京。マスコミで広告・編集を担当し、今ではイベントプロデューサーとして活躍している。

 ○…「時間は限られている」という。「体を動かすことができ、実践でき、人に必要とされる時なんてあっと言う間。その時に100%の力を出さないと」。陸上を頑張るため寮生活を送る高校生の娘さん(関根花観さん・同中卒)にも「どんなに辛い時でも『頑張ってね』と言われたら、『ありがとう』と言おう。そうすれば、そのプラスの言葉を力にして、乗り越えられるから」とエールを送る。プラスの気持ちがないと次のプラスはない。

 ○…最近、幼少から続けてきたダンスを再開し、自らの教室をオープン。家庭、仕事、VC活動とフル回転の中、もう一つ夢を叶えた。「どんどん前に進まなければね」。子どもの頃、考えたことがある。あと何人の人に出会えるか―。結論は「そんなに多くの人とは物理的に出会えない」だった。「出会いは絶対ムダにしない。人との”縁”を大事にしたい」。全てをプラスに考え出会いの中で人の輪を広げていく。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク