大和版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

阿波おどり振興協会副会長をはじめ、地域で幅広く活躍している 小幡 秀造さん 深見西在住 60歳

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena

「人のため」が生きがい

 ○…先月末に開かれた第40回神奈川大和阿波おどり。主催する振興協会の副会長としてまつりの開催を支えた。「先輩方がたくさんいるなかで、私はあくまでも裏方。各連が一丸となって節目のまつりを成功できたことは嬉しい」と顔をほころばせる。初の試みだったプレイベント「8駅周辺演舞」では、各会場に150人以上が集まりアンコールも出るほどだった。「高齢者や障がいのある方などから『車椅子でも見に行くことができた。来年もぜひここで』と喜んでもらえたことが何よりでした」

 〇…がっしりとした体格と迫力のある声。本業は一級建築士事務所を主宰し、大和商工会議所の建設業部会長なども務める。2日に完成式典があった商議所の新会館では、建設業部会が4カ月に及んだ改修工事を請け負った。「部会のプロジェクトチームが中心になり取り組みました」。旧建物とは見違えるようになってお目見えした新会館。「プロの集団だから出来栄えは当然。皆が自分たちの会館だからと赤字覚悟でやってくれたから」と胸を張る。4日には全建総連の県の地区協代表として、広島の原水爆禁止世界大会に仲間と出席した。「核兵器のない世界の尊さを改めて感じました」。豪快さのなかに時折のぞかせる笑顔から、温かさが伝わってくる。

 〇…横浜市西区生まれ。工務店を営んでいた父親の後ろ姿を見て、高校、大学では建築を学ぶことに。学生時代は剣道で汗を流した。会社を設立したのが27歳。当時、実家が大和に移っていたことから、大和で事務所を開く。4年前に亡くなった愛妻の墓参りを欠かしたことがない。「毎週一度出かけています。妻には本当に世話になりました」。事務所所長の長男をはじめ、子供3人。初孫の話になると目じりが下がる。「いまは、人のためになることが生きがい」と話す。自治会長も勉強のためにと引き受けた。その眼差しは常に地域を向いている。

大和版の人物風土記最新6

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

濱本 まりんさん

今シーズンから大和シルフィードのキャプテンを務める

濱本 まりんさん

福田の里勤務 26歳

3月26日号

小宮山 光賢さん

記者で、映画『戦車闘争』の制作に協力した

小宮山 光賢さん

市内中央在住 77歳

3月5日号

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

遅沢 秀広さん

公所自治会の会長でオンライン講座を企画した

遅沢 秀広さん コミュニティ

下鶴間在住 74歳

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク