足柄版 掲載号:2011年10月8日号
  • googleplus
  • LINE

南足柄市広がる栽培 そばによる地域おこし 金太郎を連想する「赤花」品種の作付けも

11月初旬から中旬に花開く(写真昨年)
11月初旬から中旬に花開く(写真昨年)

 金太郎の伝説が残る南足柄市で、そばによる地域おこしが広がっている。そばというと白い花が一般的だが、「金太郎そばの会」では9月に矢倉沢の遊休農地に観光面でも目を引く赤花そばの種をまいた。また、商工会観光部会では昨年から「そばづくり」に取り組んでおり、今年に入り市内約2500平方メートルで栽培を開始した。”そば”の可能性に期待が集まる。

 金太郎そばの会(内田清会長)は「金太郎の赤い肌の色を摸した”赤花そば”の植栽を通じて新たな名所づくりをしたい」と、活動を昨年からスタート。今夏にはNPO法人の申請をするなど本格的な稼動を始めている。東京の深大寺そばグループとの交流も進めており、技術面での協力などを得る予定だ。9月23日には、市内の親子らが参加する「親子そばまき体験教室」を矢倉沢の田代家元屋敷で実施した。同会のそばの栽培面積は約2000平方メートル。そのうち赤花そば(高嶺ルビー)は約10%を占める。会では「良質な水が豊富な南足柄で、そば粉の活用や提供により足柄の新名物の創造を目指したい。商工会とも連携しながら、民間でできることをやっていきたい」と意欲を見せる。

商工会観光部会は 農商工の連携で

 市商工会の観光部会(鈴木陽一部会長)では、昨年から農商工連携の取り組みとして「そばづくり」の勉強会を始め、栽培方法などを学ぶ。今年に入り矢倉沢で夏そばをはじめて作付けし、収穫したそば粉を使った試食会も実施した。その後、そば栽培に協力する会員が増え、8月下旬から種をまいた秋そばでは岩原や怒田、千津島等でも作付けされた。商工会ではさらに栽培面積を広げる計画で、生産者を募集中だ。

 また、そば栽培では大雄町の「花咲く里山協議会」(山崎政行会長)が、4年前から里地里山保全活動の一環で種まき、そば打ち等の体験会を開催している。
 

金太郎そばの会が主催した「そばまき教室」(9/23、矢倉沢)
金太郎そばの会が主催した「そばまき教室」(9/23、矢倉沢)

足柄版のトップニュース最新6件

副市長に県OB起用へ

南足柄市

副市長に県OB起用へ

3月17日号

ゆいスポが法人化

松田町・総合型地域スポーツクラブ

ゆいスポが法人化

3月17日号

3選出馬を表明

山北町湯川町長

3選出馬を表明

3月10日号

進まぬ住宅の耐震化

新ご当地グルメ考案

南足柄市地域活性化

新ご当地グルメ考案

3月3日号

複合施設に再生へ

松田町民文化センター

複合施設に再生へ

3月3日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月17日号

お問い合わせ

外部リンク