足柄版 掲載号:2014年6月21日号 エリアトップへ

町の民話を紙芝居に 生涯学習センターで発表会

掲載号:2014年6月21日号

  • LINE
  • hatena
完成した紙芝居を手にする制作者の清水さん(右)と宇田川さん =17日・大井町生涯学習センター
完成した紙芝居を手にする制作者の清水さん(右)と宇田川さん =17日・大井町生涯学習センター

 大井町に伝わる昔話を紙芝居にする「おおい!ふるさと紙芝居」の2作目が完成し、6月25日(水)に大井町生涯学習センターで発表会が開かれる。

 紙芝居のタイトルは「赤坂の袖切り神」。同町上大井にある「ヨミの赤坂」と呼ばれる坂にまつわる話を題材に、A3サイズ10枚にまとめた。

 町から依頼を受け、制作に取り組んだのは、元同町教育委員長の清水幸子さん(70・同町金子在住)と町文化財保護委員の宇田川聖一さん(79・同町金子在住)。文章と構成を清水さん、宇田川さんが絵を担当した。

 清水さんは「言い伝え自体は短いものなので、史実に照らして当時、赤坂を往来していた人たちを登場させてストーリーを作りました。子どもから大人まで幅広い人に紙芝居を見てもらい、大井町に伝わるお話を知ってもらいたい」と話す。宇田川さんは「物語に登場する『袖切り神』は怖いものではなく坂を守る神様ということで、恐ろしい雰囲気ではなくファンタジーな描写を意識しました」と制作秘話を語る。

 「おおい!ふるさと紙芝居」は、町の魅力を再発見しようと2012年から町が行っている事業。昨年7月に1作目の「狐に化かされた話」を発表している。

 発表会は25日、生涯学習センター第1・2会議室で午後1時30分から3時30分まで。紙芝居披露の後には、大山街道にまつわる伝説と昔話についての講話も行われる。町外の人も参加可能。

 問い合わせは同町生涯学習課/【電話】0465・83・5409へ。

足柄版のトップニュース最新6

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

北足柄小の閉校前倒し

北足柄小の閉校前倒し 教育

2022年4月統合で決まる

10月2日号

足柄台中で特別授業

富士フイルム株式会社

足柄台中で特別授業 教育

除菌製品開発者が講師に

10月2日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook